Top >  管がん >  胆管がん予防へセミナー

スポンサードリンク

胆管がん予防へセミナー


胆管がん予防へセミナー

岡山県の印刷工業組合では胆肝がんの予防セミナーが開かれました。

岡山県では問題が発覚した5月以降に、

事業所の採用予定者の内定辞退が相次いだために開かれたようです。

印刷業界はこれから新人の採用には今まで以上にもっと苦労する時代がくるという、

大きな前兆が現れていますね。

業界全体で胆肝がん問題を解決するような、

開かれた解決策を公表しながら進めていかないと、

働く労働者がいなくなってしまうかも知れません。

3Kに加えてプラスがんに成りやすい職業の代名詞になりかねないのですから、

本気で考えなくては!

静岡県ではまだそのようなセミナーの案内は来ていません!

これも困り物ですね。


胆管がん予防へセミナー 岡山で印刷工業組合

<以下、記事の引用です>

胆管がん予防へセミナー 岡山で印刷工業組合

大阪市の印刷会社の元従業員らに胆管がん20+ 件発症が相次いだ問題を受け、岡山県印刷工業組合(安井英規理事長、77社)は7日、化学物質による健康被害の防止に向けたセミナーを岡山市内で開いた。

 問題が報じられた5月以降、会員事業所で採用予定者の内定辞退などが相次いだため、知識を啓発し、職場環境を再点検してもらおうと初めて企画。約50人が参加した。

 厚生労働省が所管し、労災防止策を指導する中央労働災害防止協会の専門員が講演した。発症原因と疑われる有機溶剤について「正しい知識を持ち、正しい取り扱いを」と説明。労働安全衛生法に基づく防毒マスク着用、作業空間での有害物質濃度測定、排気装置の整備など予防策について話した。

 厚労省によると、印刷業関連で胆管がん20+ 件を発症し、労災申請した人は4日現在、全国で34人(うち死亡23人)。同省は県別の内訳は公表していないが、同組合が8月上旬に行ったアンケートでは、岡山県内の会員事業所で発症例はなかったという。

スポンサードリンク

 <  前の記事 食道がん克服!なかにし礼氏、10月から仕事復帰  |  トップページ  |  次の記事 なかにし礼が受けた“陽子線治療”とは?  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴