Top >  管がん >   胆管がん:「発症悔しい」労災申請の男性が初会見 三重

スポンサードリンク

 胆管がん:「発症悔しい」労災申請の男性が初会見 三重



胆管がん:「発症悔しい」労災申請の男性が初会見 三重

労災を申請した胆肝がんの患者が記者会見とのことです。

ついに胆肝がんの患者本人から本当のことが聞けそうですね。

オフセットの印刷会社は作業環境を大幅に改善しなければ、

今後働く若い人はいなくなると思います。

経営者は自覚が必要ですね。



胆管がん:「発症悔しい」労災申請の男性が初会見 三重

<以下、記事の引用です>

胆管がん:「発症悔しい」労災申請の男性が初会見 三重 毎日新聞 2012年09月07日 22時04分(最終更新 09月07日 22時28分)

 全国の印刷所従業員に胆管がん20+件発症が相次いでいる問題で、名古屋市の印刷工場で働いていた40代の男性(三重県在住)が7日、同市内で記者会見し、胆管がん20+件を発症して名古屋西労働基準監督署に労災申請したことを明らかにした。この問題で、東海3県の労基署に対する労災申請が分かったのは初めて。

 他に全国で33人が労災申請しているが、記者会見したのは男性が初。男性は会見で「悪い環境で働いている人が多くいると思う。工場経営者にこの問題を知ってもらい、安全意識を変えてほしい」と訴えた。

 男性によると、1984〜95年にオフセット印刷会社の工場で働き、がんの原因と指摘されている化学物質「ジクロロメタン」を含む洗浄剤「エースクリーン」で印刷機械を洗う業務をしていた。強い刺激臭があったがマスクはつけず、工場の窓は閉め切ったままだった。「体に悪そうだとは思ったが、がんになるとまでは思わなかった」と話した。

スポンサードリンク

 <  前の記事 肝臓がんの治療!最前線!  |  トップページ  |  次の記事 食道がん克服!なかにし礼氏、10月から仕事復帰  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴