Top >  管がん >  胆管がん死亡さらに2人 発症12人に 大阪の印刷会社

スポンサードリンク

胆管がん死亡さらに2人 発症12人に 大阪の印刷会社

胆管がん死亡さらに2人 発症12人に 大阪の印刷会社

また新たに胆肝がんで死亡した従業員がいたことがわかったようです。

これだけ一箇所の事業所で同じがんになることは、

どうみても原因の究明をしてもらわないことには、

有機溶剤を扱っている印刷関連の仕事をする身としては

恐ろしくて成りません。

全国の校正印刷をしている会社を調べたら、

どんな結果が出てくるのか?

恐ろしくなりますね。

胆管がん死亡さらに2人 発症12人に 大阪の印刷会社

<以下、記事の引用です>

胆管がん死亡さらに2人 発症12人に 大阪の印刷会社  大阪市内の印刷会社で働く人に胆管がんが多発している問題で、亡くなった人が7人に上ることが朝日新聞の調べでわかった。これで発症者は12人になる。厚生労働省は全国約500の印刷事業所の調査結果を近く発表する予定で、被害はさらに広がる可能性がある。

 この印刷会社では、これまで男性10人が20~40代で胆管がんを発症したことが明らかになっていた。新たに判明した2人は1980~90年代に働いていた元従業員で、10人と同じく、いずれも印刷見本を試し刷りする校正印刷作業に従事。いずれも30代で発症していた。本来は50歳以上に多い病気とされる。

 実態を調べた産業医科大学(北九州市)の熊谷信二准教授(労働環境学)は、印刷機のインクを拭き取る洗浄剤に含まれていた化学物質「ジクロロメタン」「1、2ジクロロプロパン」が原因となった可能性を指摘。元従業員ら6人が労災申請している。宮城県内の別の印刷事業所でも2人が発症し、労災を申請した。

スポンサードリンク

 <  前の記事 「真相知りたい」胆管がん死で労災申請中の遺族ら  |  トップページ  |  次の記事 エマニエル夫人59歳…脳卒中と肝臓がん  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴