Top >  がん >  肺がんの予防と最新治療学ぶ

スポンサードリンク

肺がんの予防と最新治療学ぶ


肺がんの予防と最新治療学ぶ

肺がんの予防と最新治療の講座が開かれました。

未成年から喫煙した場合のがんリスクは、非喫煙者の6倍にもなるとのこと。

禁煙が最大の予防法ということになりますね。

肺がんの予防と最新治療学ぶ

<以下、記事の引用です>

肺がんの予防と最新治療学ぶ '10/10/11

 専門医による市民公開講座「がん治療の最前線~知ろう学ぼう 肺がんの予防から最新治療まで」が10日、広島市中区の広島県民文化センターであった。西日本がん研究機構と中国新聞社が主催し、約500人が予防や治療の知識を深めた。

 広島市民病院呼吸器外科の松浦求樹主任部長は、比較的小さく転移していない肺がんの場合、摘出部分が少なく傷も小さい「区域切除」という手術法が注目されていると紹介した。

 内科治療については同院の岩本康男通院治療センター部長が「がん細胞そのものではなく、がんの増殖や転移に関する遺伝子に働きかける『分子標的治療薬』の開発が進んでいる」と述べた。

 参加者の質問に答えるコーナーで、すみよし内科クリニック(東区)の住吉秀隆院長が「未成年で喫煙を始めた人のがんリスクは非喫煙者の約6倍」とし、禁煙の重要性を強調した。

【写真説明】肺がんの治療と予防の最新知識について語る医師たち

スポンサードリンク

 <  前の記事 「親分」大沢元日本ハム監督死去 78歳、胆のうがん  |  トップページ  |  次の記事 マイケル・ダグラスが『ウォール・ストリート』を最後に引退示唆  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴