Top >  がん >  受動喫煙で病死、毎年推計6800人

スポンサードリンク

受動喫煙で病死、毎年推計6800人


受動喫煙で病死、毎年推計6800人

受動喫煙の被害者が年6800人!

驚きの数字です。

職場での受動喫煙は避けられませんから辛い状態に陥ってしまいますね。

経営者の品格を問われる事態ということですね。

受動喫煙で病死、毎年推計6800人

<以下、記事の引用です>

受動喫煙で病死、毎年推計6800人  他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」の影響で病死する人は、肺がんと心筋梗塞 こうそく などの虚血性心疾患だけでも毎年6800人に上るとの推計を、国立がん研究センターが28日発表した。


 このうち3600人は職場での受動喫煙が原因で、研究者らは「職場や公共の場所での全面禁煙を法制化すべきだ」と訴えている。

 国内の非喫煙者のうち、職場で女性の18%と男性の29%、家庭で女性の31%と男性の6%が受動喫煙している。こうしたデータから、受動喫煙が原因の死者は、肺がんが女性1500人と男性650人、虚血性心疾患が女性3100人と男性1600人と推計された。

(2010年9月28日20時27分 読売新聞)

スポンサードリンク

 <  前の記事 がん治療中のマイケル・ダグラスが記者会見出席で『ウォール・ストリート』全米初登場1位!  |  トップページ  |  次の記事 前立腺がん検診 死亡率低下に効果なし  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴