Top >  がん >  肺がん率、遺伝子型の違いで2倍の差 喫煙量同じでも

スポンサードリンク

肺がん率、遺伝子型の違いで2倍の差 喫煙量同じでも


肺がん率、遺伝子型の違いで2倍の差 喫煙量同じでも

やはりヘビースモーカーであってもがんにならない人というのが存在するんですね!

高齢になっても吸い続けている人種は遺伝子のパワーが違っているということ!

吸ってもガンになるかならないか、調べてもらったらわかるかもしれませんね!

自分だけは大丈夫!はありませんね。

肺がん率、遺伝子型の違いで2倍の差 喫煙量同じでも

<以下、記事の引用です>

 ヘッドライン 新機能 気になる「言葉」をなぞって検索|コラム「日めくり」|てくてく福井|ランキング 肺がん率、遺伝子型の違いで2倍の差 喫煙量同じでも

 喫煙量が同じでも、生まれつきの遺伝子の型の違いによって、肺がんのかかりやすさに2倍以上の差が出ることが、愛知県がんセンター(名古屋市千種区)疫学・予防部の伊藤秀美室長らによる疫学調査で分かった。22日に大阪市で開幕する日本癌(がん)学会で発表する。

 これまで欧米人を対象にした遺伝子疫学調査で、ヒトの15番染色体に肺がんに影響する部分があることが分かっている。この部分に、ニコチンと結びついてドーパミンの分泌量を調整する受容体をつくる遺伝子がある。

 伊藤室長らはその遺伝子から、人によって異なることが多い遺伝子型を選択。日本人の健常者と肺がん患者それぞれ716人の遺伝子型の違いを調べた。 … [記事全文]
2010/09/14 16:43 【中日新聞】


スポンサードリンク

 <  前の記事 女性なら知っておきたい!乳がんになりやすいのはどんな人?  |  トップページ  |  次の記事 間寛平、前立腺がん急速に改善!  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴