Top >  がん >  喫煙で年600万人が死亡 米がん学会が報告書

スポンサードリンク

喫煙で年600万人が死亡 米がん学会が報告書

喫煙で年600万人が死亡 米がん学会が報告書

たばこの害についての報告書です。

喫煙の問題をもっともっと真剣に考えてもらえるようにメディアでの露出をたくさん期待したいですね。

体に悪いことだと解っているのに止められない!というのは意志の問題だけではないと思います。

喫煙病ということで、行政や企業はたばこを吸うことに対して健康診断なりを行って病気を治すような指導をしていくべきではないでしょうか。

がんになるのがわかっている発がん物質を国が一生懸命売っていること事態、非常に矛盾していると感じています。

親が吸えば子供は自然とたばこを吸うようになります。

とくに女性の増加が気になります。

子供たちのためにもたばこは害があることをはっきり教育して行かねば!

喫煙で年600万人が死亡 米がん学会が報告書
<以下、記事の引用です>


喫煙で年600万人が死亡 米がん学会が報告書

 【ワシントン共同】喫煙が原因と考えられるがんや心臓病などによって死亡する人は、世界で年間約600万人に達し、その数はさらに増える見通しであるとの報告書を米がん学会などが25日まとめた。

 報告書によると、喫煙はがんや心臓病、呼吸器疾患などさまざまな病気の原因となり、喫煙する人はしない人に比べて平均で15年早く死亡する。たばこを吸わない人も受動喫煙によって、毎年20万人が死亡しているとした。

 米国や日本など先進国の喫煙率は減少しているが、中国を中心に発展途上国の喫煙人口は年々増加。試算では、2010年に喫煙が原因で死亡する人は、年間死者数の約10分の1に当たる約600万人となり、医療費や若い労働者が喫煙で死ぬことなどに伴う経済損失は約5千億ドル(約47兆円)に達する。

 対策を取らなければ20年には700万人、30年には800万人と死者は増加するとしている。

 報告書は、たばこの弊害が適切な政策によって防止できることは証明されているとして、各国にたばこへの高率の課税制度導入や、公共の場での喫煙禁止などの対策を進めるよう求めている。

2009/08/26 09:34 【共同通信】


スポンサードリンク

 <  前の記事 登山:今度はモンブランに がん闘病中、行橋の井上さんが旅立つ /福岡  |  トップページ  |  次の記事 <乳がん>園 まり さんの場合!  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴