スポンサードリンク

がん治療最前線!フコイダンの真の力

フコイダンがなぜ癌に効くのでしょうか。フコイダンの本当の真の力を調べてみたいと思います。またがんの最前線のニュースや情報も収集していきたいと思います。

スポンサードリンク

がん治療最前線!フコイダンの真の力サイトマップ

がんの予防と治療-最新情報

  • <肺カルチノイド>金子哲郎さんの病気!
  • ナノ粒子を使ってがん細胞を死滅させる治療法
  • 「がん家族の家計簿 ~お金の切れ目が命の分かれ目?~」
  • がんの放射線治療 岡山中央病院 坂本 隆吏 
  • Dr.中川のがんの時代を暮らす:/50 経済格差と健康格差
  • 抗がん剤は寿命を縮める!その2
  • 保険会社が言わないホントの保険の話-2
  • 保険会社が言わないホントの保険の話-1
  • 死は敗北ではない
  • 【がんへの備え】がんで会社を辞めてはいけない!
  • がんに成りにくい食生活なら出来そうです!
  • 胆管がん:専門家交え協議会設置 印刷産業連合会
  • 胆管がん、宮城でも2人労災申請 印刷機の洗浄に従事
  • 胆管がん問題、業界が再発防止策 マスクの着用や換気の徹底を
  • スモーカーライン!
  • 患者の免疫系強化するがん治療薬に効果、米研究
  • ステージ4 がんと生きる 池田省三 <手術>3週間ぶり喜びの味
  • ステージ4 がんと生きる 池田省三 <自覚症状>ストレス…急に体臭強く
  • がんの約6分の1は感染症に起因、研究成果
  • カレーのスパイス、大腸がん治療に有効か 英大が調査へ
  • 肝臓ガンのメカニズムを解明 克服も夢でない?
  • 歯科X線検査、脳腫瘍と関連性 米研究
  • あらゆるがんに効く“万能薬”の開発に一歩前進
  • がん告知で自殺リスク12倍、心臓病死も5.6倍に
  • iPS細胞からがん幹細胞、抗がん剤開発に利用も 
  • まずは禁煙から、生活習慣病のリスクを防止
  • 海藻で甲状腺がん増加 ただし閉経後の女性のみ
  • 抗がん剤やめ、穏やかな時間
  • がん細胞を攻撃 分子標的薬 皮膚障害の副作用も
  • ヒポクラテスは知っていた、がんを防ぐ特効薬-1粒2円50銭
  • 禁煙から5年間、糖尿病リスク高いまま 国立がん研究センターなど
  • 大腸がん、新手術広がる
  • 男性は女性の4倍もがんになりやすい!!!
  • 遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細胞、増殖原因-がんセンター
  • 【雑学】はげている人は癌にかかりにくいの!?
  • アレルギー起こしがん抑制 「もろ刃の剣」細胞作用 富山大グループが発見
  • がんの原因の4割は生活スタイルで決まる
  • 【これで私は助かった!】胸やけを侮るな!検査で食道がん見つかる
  • 牛乳は前立せんがんになる!というニュースについて!
  • 思春期に牛乳を毎日飲むと前立腺がんリスク3倍に
  • 唾液から“がん”が発見できる時代へ!
  • 便秘の目安は週4以下 便の臭いが強いと腸内に悪玉菌が多い
  • がんを克服した自らの経験を映画化!『50/50 フィフティ・フィフティ』脚本家が、闘病中のエピソードや作品に込めた思いを語る!
  • がんは「まさか」ではない 連載「向き合う命」
  • 肉を多く食べると大腸がん!!やはりね!
  • 女性と病気 痔:6 情報編 自覚したら早めに受診を
  • がん発症率19%高い テロ現場の消防士
  • 50/50
  • 韓国人男性の大腸がん発病率、アジア最高…世界4番目
  • さんま、長友佑都。“疲れない男”たちが証明する「マジメな人ほど疲れやすい」
  • 子宮頸がんの予防ワクチン、肛門がんリスクも低減
  • 改良版「エクスタシー」をがん治療に使う研究、
  • ローションでがん患う?=古代エジプトのハトシェプスト女王-独調査
  • 胃食道逆流症 胸のムカムカ、内視鏡で検査を
  • T細胞の改変で末期の白血病患者が全快、米研究
  • 魚よく食べる男性は糖尿病リスク低く がんセンター
  • コーヒーで皮膚がんを予防できる可能性、米研究
  • がん細胞狙い薬剤投与 金大グループ
  • 近年増加傾向にある乳がん患者受け入れ数トップ10病院発表
  • 自覚症状なく治療困難な肺がん患者 受け入れ数トップ10病院
  • 日本人の死因2位の胃がん 患者受入数トップ10病院を発表
  • ドライフルーツで癌と戦う!?
  • 男性の死亡者数3位の肝臓がん患者 受入数トップ10病院発表
  • がん患者の死亡率、女性より男性の方が高い 米研究
  • がん抑制に役立つ遺伝子=新薬に応用期待-九州大など
  • サイエンス がんも怖いけど、日焼け避ける方がずっと体には悪いかも
  • チェルノブイリで「甲状腺がん」に苦しむ人々を救う日本人医師とは...?
  • 妊娠後すぐ禁煙すれば、赤ちゃんの体重平均並みに 英研究
  • 長年のデスクワークとがんの関連性
  • 血液で消化器がん検査 金大開発、欧州で事業化
  • 自己負担ゼロで陽子線がん治療が受けられる?
  • 胃がん・食道がん 新たな免疫療法への取り組み
  • メラノーマ患者の余命延ばす2つの新治療法、米学会で発表
  • 「がん哲学」-人は最後に「死ぬ」という大切な仕事が残っている
  • 世界で50億人利用 がん発症との関係、米で論争続く
  • 時代を駆ける:岡部健/10止 自分なりの祈りを
  • 「放射線怖い」→野菜を食べず、外で運動せず…がん予防逆行も
  • 脳梗塞治療に白血病の薬 血流回復、後遺症減る
  • 胃がんはなくせる  ピロリ菌除菌が効果
  • 週1時間程度のわずかな運動でも大腸ポリープを予防する
  • 前立腺がんリスク減少にコーヒーが効果
  • タンパク質が血管作り制御解明 がんや心筋梗塞治療に
  • 早期発見!肺の生活習慣病
  • 前立腺がん:再発したがんの細胞増殖、乳がん治療薬が抑制--筑波大、東京大 /茨城
  • がんを知り、がんとともに生きる vol.2 肺がんについて
  • がん細胞「老化」させ増殖抑制 広島大、マイクロRNAで
  • イチゴに食道がん予防効果の可能性―米研究者
  • 世界が注目!!強力な超音波でがんを死滅
  • 内臓のガンと戦う特殊なサルモネラ菌-ミネソタ大学
  • 肝臓の病気、血液1滴で即判定 肝炎・がんなど9種類
  • ホルモン療法効かない前立腺がん、原因を解明 東大
  • 東大ら研究、がんも撮影可能に エックス線で新装置開発
  • 半年で食道切除患者50例以上、全国で5施設のみ 食道がん編 日経実力病院調査2010
  • 日本人に多いといわれる「食道がん」の発生する主な原因と予防法とは?
  • 大麻の成分、がん患者の食欲回復に効果 カナダ研究
  • ファイトケミカル、老化・がん予防に効果
  • 小腸はなぜ病気になりにくい?
  • 「第4のがん治療法」隠れた効用~アンチエイジングとの意外な接点(上)
  • ザ・特集:ぴんころ地蔵、ポックリ大師、ころり観音...なぜ「PPK」ブーム?
  • 13年前に余命6週間宣告も回復、治療の効果でがんからすっかり立ち直る。
  • そもそも、がんってどんな病気? 費用はいくらかかる?
  • 「がん」を怖い病気だと思う人は9割近く
  • 抗がん物質「イグジグオリド」合成成功 東北大グループ
  • 人工光に長時間 がん増殖の恐れ 産業医大 マウス実験分析
  • 毎日5,000個のガン細胞ができている!? - 7割が「知らない」と回答
  • 犬の嗅覚は大腸内視鏡検査に匹敵-がん「特有の臭い」、検査法改善も
  • 探知犬、がん患者かぎ分け 呼気実験で成功率9割超
  • フコイダンに効果 ヒト成人T細胞白血病ウイルス
  • がん細胞の増殖促す「悪玉遺伝子」を発見、末期がん治療に期待
  • エーザイの乳がん新薬を承認へ 物質探しから25年
  • 岡山大が「REIC」治療スタート 世界初、前立腺へ投与開始
  • 海藻の菌から抗がん物質 神戸学院大研究チーム 
  • 「不整脈治療につなげたい」 久留教授が会見
  • 胃がん増殖助長する遺伝子発見、新治療薬期待 東大など
  • 癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ
  • 生活習慣と前立腺がんの深い関係
  • ナノカプセル 耐性がんに効果
  • がんの「種」退治可能に 九大・中山教授の研究班
  • 日本でのがん死亡率が海外に比べて高いのはなぜか
  • がん探知犬、においで患者ピタリ…精度9割超
  • ガンの化学療法の副作用を軽減してくれるアイスクリームをニュージーランドの科学者が開発
  • がん死亡リスク、アスピリン常用で大幅減、英大研究
  • 乳がん診断装置が開発される!
  • 甲状腺がん治療日記:/1 返答に窮す…ショックだ
  • 消化器系がん 単孔式腹腔鏡下手術で治療成果
  • ウコン成分に期待「クルクミン」 がん治療、メタボ予防
  • 《医療相談》足裏のほくろ、がんになる? 
  • 癌は人間が作り出したもの?
  • 通院に強いがん保険 痛み緩和など全治療保障 畠中 雅子
  • 胃がん60代、肺がん70代が最多
  • 喫煙者のがん発見に効果、CTで肺がん死2割減
  • がん治療費自己負担、年101万円
  • 大腸がん治療薬 4割効果なし
  • コレステロール 高い方が長生き?
  • 驚くほど低い日本の受診率 女性のがん(1)
  • 乳癌(がん)患者の男性パートナーはうつ病リスクが高い
  • 健康的な3つの習慣が乳癌(がん)リスクを軽減
  • アスピリンの少量・長期服用で大腸がんリスク抑制に効果
  • 金沢大、がん新薬開発 他の病気の治療用薬剤転用
  • 【ヤクルトの挑戦】がん治療に特化し医薬事業展開
  • 「世界の肝がん治療を変える」パイオニア
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/78 厚労省主導のたばこ増税
  • 10/6 咽頭がん、食道がんなど、50歳以下の層で急増中
  • 悪性脳腫瘍の平均余命を大幅に延ばすワクチンが登場、臨床段階
  • 骨肉腫にがんワクチン臨床試験 札幌医大、世界初の試み
  • 阪大など細胞のセンサー機構解明 がんやアトピーに関与
  • がんに侵入「道連れ」退治 臍帯血から免疫細胞 免疫拒絶少ない治療法に 林原生化研
  • 「トロイの木馬」でがん撃退 実現へまず「命中率」上げ
  • 前立腺がん検診 死亡率低下に効果なし
  • 北大、乳がん「浸潤」を解明 特定たんぱく質、低酸素下で活性化
  • 食道がん内視鏡手術、再生医療で適用広く 東京女子医大
  • 頭頸部がん、コーヒーで予防効果 
  • 卵巣がん・乳がんの発生リスク示す遺伝子変異を特定、研究
  • 血液細胞侵入でがん死滅 岡山・林原生化研が世界初確認
  • 血液一滴 15分で前立腺がん発見
  • ビタミンDは癌(がん)や自己免疫疾患関連遺伝子に影響を及ぼす
  • 若い女性で増えている! 子宮頸がんについて=STD研究所
  • 特定の悪性黒色腫を80%縮小、米研究
  • 新薬ALN-VSPは本物のガンの特効薬か?
  • 抗ガン剤研究の道照らす、光るサンゴ礁群を発見 オーストラリア
  • 海外技術/欧州がん研など、食中毒菌ががん攻撃する免疫反応誘導を確認
  • オランダでの乳がん発症率世界でも最高に
  • 「呼気検査」でがんの種類を識別、イスラエル
  • 「塩分と健康-1」 塩は少しで生きられる  木村玄次郎教授
  • 鉄除去するタンパク質に乳がん治療の可能性、米研究
  • 自己治癒力引き出せ 注目集めるがんセルフ治療
  • デリミートの摂取はぼうこうがんリスクを高める、 米国立がん研究所
  • がん治療に新たな一手、ヘルペスウイルスを使った治療法が登場
  • 桑田圭佑さんの食道がん 酒×たばこは要注意 自覚症状なし…定期検診で発見を
  • 「高齢者のがん治療」
  • 胃がん予防は「ピロリ菌除菌」 乳酸菌が抗生物質を「アシスト」
  • バチカン放送局の電波塔、電磁波で近隣住民に発がんリスク 調査結果
  • 膵臓がん:血管修復で治療 「兵糧攻め」とは逆発想--旭川医科大など研究グループ
  • 新抗がん剤、放射線治療の併用研究へ
  • 血管再生によるがん治療法開発=抗がん剤の効果向上-旭川医科大
  • 毎日・北九州フォーラム:柳田邦男さん、死生観など講演 /福岡
  • 卵巣がんの新スクリーニング検査に有望性、米学会
  • (29)舌がん/転移の危険、早期受診を
  • 細胞移動の「ブレーキ」を解明 がん転移の治療に応用も
  • 砺波総合病院、前立腺がん治療に新技術導入
  • 群馬大、がんを切らずに治療 重粒子線を利用
  • 鎌田實・諏訪中央病院(長野県茅野市)名誉院長の「住民のための地域医療再建」と題した基調講演
  • 九大病院で重体の男性死亡 抗がん剤過剰投与
  • 長引くしゃっくりは体の黄信号…病気が潜んでいる恐れ
  • 大腸→肝臓、がん転移を抑制 京大など仕組み解明
  • 【ニッポン病院の実力】手術ができない場合の“強力な武器” 関東中央病院
  • 唾液でがん検出 慶應大が開発
  • 家族の喫煙で肺がん死は約2倍に
  • 立花隆さんインタビュー全文(2)抗がん剤で、がんと闘うべきか
  • (6/24)糖尿病と癌(がん)の関連が徐々に明らかに
  • イレッサ 特定の肺がんに有効
  • 胃カメラ挿入しやすいマウスピース、画像も安定
  • 海洋深層水でピロリ菌抑制 高知大など効果確認
  • ピロリ除菌 胃がんも保険適用
  • ビタミンB6と必須アミノ酸、喫煙者の肺がんリスク下げる 仏研究
  • 高齢の父親から生まれた子は非ホジキンリンパ腫のリスクが高い
  • 乳がん検診 若い人は必要?
  • 渡部豪太が貫地谷しほりの花嫁姿にウットリ!! 舞台「余命一ヶ月の花嫁」が
  • 乳がん再発患者の生存期間、抗がん剤投与で2カ月半延長 エーザイ
  • 群馬大、がんを切らずに治療 重粒子線を利用
  • 切除部位を光らせ確認=乳がん・心臓手術で効果-高知大など
  • 小線源手術並み効果  子宮がんの5年生存率3倍
  • 喫煙女性の肺がん率は4倍!――たばこフォーラムレポート(2)
  • がんの死者数、2030年までに倍増 WHO
  • がんに免疫細胞 効率よく集積…理研研究センターなど
  • 「飲酒の健康影響」-(2) 60以上の疾患に関係  肝臓病、がん、依存症
  • 高額ながん治療薬、英大手スーパーが原価で販売
  • 肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待-国際チーム
  • 団鬼六さんが食道がん公表
  • がん化低い『多能性幹細胞』 Muse細胞
  • 陽子線がん治療センター公開 世界初の照射システム導入
  • 7歳時にやせていた女性ほど高い乳がんリスク、スウェーデン研究所
  • がんの痛み抑える新型薬続々 注射剤や張り薬など
  • 記者の目:がん患者になって考えさせられた 佐々木雅彦
  • シイタケ菌糸体が、がん細胞の"バリア機能"を低下させることを確認
  • パパイアに著しい抗がん特性、日米共同研究
  • 「受動喫煙-(1)」 日本の対策、大幅遅れ  産業医大の大和教授
  • [夕刊企画]腹腔内化学療法 胃がんの腹膜播種に効果
  • 「家でホスピス」選択【医を創る】
  • アミノ酸量測りがんを早期発見 味の素が実用化へ
  • がんが世界の死亡原因トップへ、生活習慣と高齢化社会で
  • がんの発生、遺伝子コピー数と関係 日米チーム突き止め
  • DNAの特殊変化でがん細胞を特定、米大研究
  • 理研、白血病の再発防止に道 原因たんぱく質を発見
  • がんの発生、遺伝子コピー数と関係 日米チーム突き止め
  • 受動喫煙防止:分煙では不十分 「全面禁煙」厚労省通知へ
  • 赤ワインとチョコレートにがん細胞の血管新生阻害作用、米研究
  • 1日2本のソフトドリンク、すい臓がんリスクが上昇 研究結果
  • 健康診断、より正確に!血液検査の関連遺伝子46個を発見 
  • 塩蔵食品でがんリスク高まる 「控えめに」厚労省研究班
  • イソフラボンで肺がんリスク低下
  • がん細胞:悪性化の仕組み判明 群馬大
  • 胃がんと咽喉がんの予防に効果を発揮するカプセルを開発、フィンランド
  • 県民平均寿命:男性が79.38歳 女性は85.86歳--09年 /愛知
  • 食中毒菌でがん診断と治療
  • タスマニアデビル激減の原因、腫瘍の謎を解明 豪大
  • 乳酸菌で乳がんの危険減る 
  • 前立腺がんの診断・治療に効果が期待される抗体を発見、米研究チーム
  • ロマンチックな神話でおなじみの…ヤドリギでガンを克服した女性
  • 新しい肺がん治療薬の可能性、米研究報告
  • 乳がん:発症率、飲酒量増せばアップ 厚労省、女性に警鐘
  • 梅の効能「胃がん予防と血糖値上昇抑制」 和歌山で研究
  • (12/10)喫煙と大腸癌(がん)の関連性が明らかに
  • 「がん研究が無駄とは…」事業仕分けで「廃止」 久留米大の臨床試験中止に
  • がん外来治療で入院が初減少
  • 「脂肪肝メダカ」できた 創薬の研究動物として期待
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/34 たばこの害、周囲にも
  • 肥満によるがん、全米で毎年10万人 米調査
  • 極小磁気ディスクでがん細胞を破壊、米英チームが成功
  • 温暖化対策で心臓病が減る 多くの命救えると科学者
  • 肺がん最新治療、「切らずに治す」
  • 女性の肺がんは非喫煙者に多く 「ホルモンも原因」という衝撃番組
  • 採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発
  • 【無名録】おやじのワクチン 丸山茂雄さん(68)
  • 抗がん剤:副作用か、死亡12件--「ネクサバール」
  • 【がんと闘う ワクチン療法】(下)新しい作用の薬 有用性どう判断 (1/2ページ)
  • 【がんと闘う ワクチン療法】(上)“第4の治療”に期待高まる (1/2ページ)
  • 【がんと闘う ワクチン療法】(中)免疫療法 人により効果に差
  • 粒子線治療:実態、症例など解説 立川で13日、菱川院長が講演会 /東京
  • ガンを切らずに治す 高齢者に増える注目の先進医療
  • がんワクチン「研究費足りない」 鳥越「日本ではダムに金が…」
  •  ◇「患者助けたい」外科医の体験が原点、がんワクチン開発に挑む--中村祐輔さん(56)
  • 慢性骨髄性白血病:「命の薬」不況の影 1錠3200円、患者所得144万円減
  • 特殊素材「がんに効能」で逮捕 京都府警、薬事法違反容疑
  • 生活習慣病・がん、皮膚のガスから診断 キヤノンなど開発着手
  • 子宮頸がんワクチンを承認 学会「11~14歳に接種を」
  • がん粒子線治療装置の小型化技術を開発 「治療費も10分の1に」
  • がん治療に新抗体医薬
  • がん細胞、病気の進行につれ遺伝的変異 カナダ研究
  • 胃がんの再発7割予測…国立がんセンターが新システム
  • 大酒飲みの女性、「乳がん」リスク1.74倍
  • がん闘病体験医師が講演
  • 歯磨きでがんリスク3割減 1日2回以上が効果的
  • がん患者がうつを併発すると死亡リスク高まる、カナダ研究
  • 死因が肝臓がん・胆管がん、タイ東北部が際立つ
  • ダニのだ液はがん特効薬になりうる、ブラジル研究
  • たばこ1箱1600円に=生活習慣病予防で豪政府委提言
  • 老化で増えるリンパ球確認 京大 白血病、がん治療に光明
  • 肝がん細胞:大半を正常化 ハーバード大チーム、マウスで成功
  • 食道がん 手術前の放射線治療 普及
  • ワクチン療法 免疫療法の一種。効果と少ない副作用で実用化に期待…
  • 磁性ナノ細粒子、がん細胞集中攻撃…慈恵医大
  • 感染性白血病が都市部で増加…予防策徹底せず
  • 殺虫剤と小児白血病に関連か 米研究
  • 有酸素運動の習慣でがん死亡リスク軽減、研究報告
  • 40代に口腔がん大幅増加、飲酒が主要因か 英研究
  • ウイルスでがん細胞退治、月内にも臨床試験 東大病院
  • ヨーグルトに含まれる「LG21乳酸菌」 胃がんの原因「ピロリ菌」を抑制
  • 「肝がん」に罹るリスク コーヒー飲むと減る
  • 日焼けマシン、発がんリスク最高レベル
  • 低タールたばこ、有害度は同じ…吸煙量多く
  • がん細胞:メダカの体内で光って見えた 放医研が開発
  • 電子たばこの有害性をFDAが警告
  • 緑茶の癌(がん)予防効果の確証得られず
  • 喫煙未経験者の肺癌において小分子が重要な役割
  • 肝臓がんで死亡、年33万人!世界の死者数の55%占める―中国
  • 腹水をろ過、再び体内へ 「抜いたら元気になる」 改良型で目詰まり解消
  • がんウイルスが「防御役」分解 
  • 韓国人のがんにまつわる3大ミステリー
  • 韓国で胃がんが減らないワケ(上)
  • 金総書記、膵臓がんか 韓国テレビ報道
  • 粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制…サルで実証
  • 羨望の対象‘長い脚’はがんになりやすい
  • 精巣がん化にかかわる遺伝子解明  京大教授ら 精子幹細胞の増殖も
  • 「トロイの木馬」でがん退治=微小細胞送り込み治療-豪研究者
  • 鳥大2例目の生体肝移植
  • 副作用抑制、効果増大の抗がん剤開発 京大・玄准教授ら
  • (7/2)動物性脂肪の摂取が膵癌(がん)の原因に
  • がん闘病記 ネットに広がる 
  • 【コラム】人体の神秘を悟らせた尊厳死(上)
  • 胸焼けから食道がんに 解消方法を紹介
  • 進化により癌(がん)細胞のアポトーシス能力が低下
  • 若いころの肥満はすい臓がんリスクを高める、米研究
  • 名大、磁気利用でがん細胞を少数ずつ分離する技術確立
  • ビタミンD、本当に癌を予防できるの?
  • 娘の母乳を飲んだら末期ガンが治った? 英国人男性の事例が話題に。
  • ”がん休眠療法で、がんと共存・継続治療をはかる"
  • バーベキュー安全に楽しんで~がんにならないために
  • (6/11)生活習慣の改善により癌(がん)リスクを大幅に軽減可能
  • 血液検査で胃がん発見 松阪の医師ら実用化向け研究
  • 生演奏で白血病の症状が大幅改善 ウィーン・フィルで実験
  • シイタケ がんの免疫指標が向上 中性脂肪や血圧下げる成分も
  • インターフェロンが白血病治療に効果…東京医科歯科大など
  • がん細胞と寄生虫、代謝が類似
  • ピロリ菌、退治は簡単 記者が北大病院で治療体験 (2009/05/29)
  • たんぱく質:不要物質分解酵素に不可欠、4種を発見 新抗がん剤開発に期待
  • お酒弱いのに飲酒・喫煙、食道がんのリスクは190倍
  • がん悪性化 仕組み解明へ
  • 余命1カ月は他人事ではない…乳がん実情
  • がんの痛み 患者主体で対処
  • 温熱療法 ハイパーサーミア
  • 関心高まる闘病記
  • 夢のがん治療装置、5年後設置へ
  • 焼きすぎの肉はすい臓がんの原因
  • 抗がん剤「アバスチン」の直腸がん治療効果認められず
  • 骨粗しょう症治療薬、放射線誘発白血病を予防
  • ピロリ菌+たばこ、胃がんリスク11倍
  • 喫煙者の野菜・果物摂取、結腸がん発症リスク高める
  • 『見のがすな!がんのサイン』
  • 「乳がん」 
  • 細胞の老化、がんを抑制 二段構えの防御解明
  • マリフアナの成分、がんの増殖を抑制=スペイン研究
  • 国内初「がんワクチン外来」開設
  • 忠南大パク・チョンソン教授、LETM-1蛋白質の癌誘発を世界で初めて究明
  • 熱過ぎるお茶で「咽喉がん」になる可能性=研究
  • 早見優の実父、ジャズシンガーの井上良さん死去
  • <婦人科系がん>大規模病院に患者集中 医師の減少が影響か
  • 全国初の受動喫煙防止条例、成立へ
  • 緑茶とキノコに乳がん予防効果
  • 日本人のためのがん予防法
  • 東京医科大に賠償命令 がん検査せず男性死亡
  • 緑茶に歯周病予防効果の可能性
  • <大豆製品>女性は食べ過ぎにご用心
  • 肝がんリスク「野菜」で低下、「果物」で上昇
  • がん化防止解明へ前進 細胞の「自食作用」バランス重要
  • 50歳からの運動、禁煙と同程度の効果
  • 免疫抑えるがん細胞遺伝子=阻害薬で転移防止期待
  • がんの3割以上、食事改善・運動・体重管理で予防可能
  • がん予防 まず禁煙・節酒
  • がん細胞を自然死させる「おとり」分子、治療の新兵器
  • 前立腺がん進行が分かる物質発見
  • がん治療装置増産
  • iPS細胞で心筋梗塞改善!
  • アスピリンなど鎮痛剤の服用に胃がん予防の効果
  • 乳がん:増殖・転移抑制のたんぱく質発見
  • モズクの「フコイダン」がアルコール分解促進
  • <がん>抑制遺伝子を特定
  • 医療用麻薬(モルヒネ)
  • 塩野義、抗がん剤市場に参入 国内VBからワクチン開発権
  • 菅原文太、がんに勝った…
  • 「生きるための乳がん」(リリー・ショックニー著)
  • 泌尿器がん 転移・進行で新薬も
  • 予防は最大の治療
  • <喫煙>有害物質、翌日も室内に 「サードハンドスモーク」
  • がん免疫力高めるβグルカン ミゾタが30倍の抽出技術
  • 喫煙で大腸がんの危険 伊グループが発表
  • 【断 久坂部羊】がんの治療は最後までしない
  • がん闘病中のP・スウェイジ、自叙伝出版を計画
  • ES細胞を使った世界初の臨床試験、米国で実施へ
  • がん最先端治療(上) 免疫を利用『樹状細胞療法』
  • がん最先端治療(下) “兵糧攻め”で増殖抑制 『分子標的薬』
  • 血管内を「泳ぐ」極小ロボット試作、将来は観察から手術まで可能に 豪物理学チーム
  • 肥満とがんの関係!
  • 米国の喫煙率、過去半世紀で初めて20%を切る
  • <がん>誘発するたんぱく質を特定 九大グループ
  • アップルのジョブズCEOが6月まで療養休暇
  • 富国生命とセコム損保、通院によるがん治療を保障の対象に
  • がん最先端治療(中) 放射線療法『陽子線照射』
  • がん患者の8割超「最後まで病気と闘う」、医療者とギャップ
  • 両胸切除し乳がんを予防
  • 全面禁煙から大幅後退 神奈川県の受動喫煙防止条例素案
  • 着床前診断で乳がん遺伝子ゼロの女児誕生
  • がん死亡率、最高青森・最低長野〈都道府県別死亡率表〉
  • インフルエンザワクチン「妊婦さんもOK」 予防接種、医師に相談を
  • パーキンソン病、早期診断に光 心臓の検査法を活用
  • 禁煙法の施行後、心疾患による入院患者数が4割減と CDC
  • 乳がんかも…画像診断 医師補助するソフト開発
  • 抗がん剤「ボルテゾミブ」、臓器移植の拒絶反応抑制に効果
  • 新タイプ抗がん剤で副作用死?
  • たばこが原因で死亡、年間20万人 対策に増税必要?
  • 肺がん早期発見に道=生体指標候補を発見
  • 「繰り返し断食」いきいき長寿?
  • 「男の生きがい」ストレスに勝つ? 脳卒中の死亡率減
  • ビタミンCやE、ガン予防に効果みられず
  • がん、2010年までに世界の死因第1位に
  • カテキンの抗がん作用増強
  • マウスの肺がん消失に成功
  • 運動と睡眠の相乗効果で、がんのリスク減少
  • 特定タンパク質発見 がん治療法に期待
  • 皮膚がんワクチン、10年以内に実現か
  • 筑紫さんの命奪った…がん死亡数でトップ「肺がん」
  • 脳動脈瘤の原因遺伝子3種解明 リスク最大7倍に
  • 日本人の喫煙率、08年は25.7%で最低更新 JT調査
  • (10/16)前立腺癌(がん)のマーカーにモルヒネよりも高い鎮痛効果
  • 作家マイケル・クライトン氏が死去
  • 改造した免疫細胞で小児がん治療に効果
  • <抗がん剤治療>生存期間に5カ月の差
  • <前立腺がん>患者がXMRVウイルス感染
  • 肝がん細胞、光らせ切除
  • 紫色のトマトでがんを予防する!
  • 米大学生、「ガンに効くビール」作りに挑む
  • スイスの乳がん早期発見キャンペーン!
  • ニコチンは乳がんを進行させてしまう!!
  • オリンパス、「カプセル内視鏡」販売 検査後、排出
  • がん生存率公表 19施設は実名 厚労省集計
  • 神戸、東京…桃色の夜 ピンクリボンフェス始まる
  • がん・結核予防街頭キャンペーン:定期検診や生活習慣見直しを /山形
  • 全国9会場でがん患者大集会
  • <カーボンナノホーン>がんの光線力学療法に応用、腫瘍消滅
  • カルシウム+ビタミンD、大腸がんのリスク低減
  • 美容師はがんリスクが高い可能性
  • 千葉県がん患者大集合2008
  • オリンパスの飲み込めるカプセル内視鏡、日本で発売認可
  • 食欲ホルモンがなぜか心筋梗塞に効く?
  • 磁石の力で骨を再生 広島大病院が技術開発
  • キラーT細胞の働き調節 東北大グループ、物質特定
  • メタボに効果的な甘味成分の遺伝子発見
  • 免疫T細胞の作り分けを解明=エイズやがんの新治療法期待−理研
  • 最新のがん関連情報のサイトです!
  • コーヒーを飲む女性は子宮体がんになりにくい、厚労省研究班
  • <サリドマイド>再承認へ 血液がん治療薬に 厚労省部会
  • 最先端の脳腫瘍治療に成功 3ミリの穴からレーザー照射
  • 11大がん患者数が1割増、甲状腺がん急増
  • 協和発酵、効き目の早いがん痛み止めの国内最終治験
  • 皮膚ガンから放出される「におい」
  • 野菜で食道がん予防 摂取100グラム増でリスク10%減
  • カレーを食べて記憶力アップ
  • アブラナ科野菜や果物で食道がんリスク半減、
  • 老化現象をストップできるかも?
  • 白血病などの新薬開発に貢献
  • うじの分泌物から新抗生物質を開発、英研究チーム
  • 高濃度のビタミンC注射に抗がん効果、米研究
  • 少量被曝でも「がんリスク」高まる…広島の被爆者調査
  • 牛乳などのカルシウム食品は脳卒中になりにくい!
  • 脳が発達段階にある子どもたちには、緊急時以外使わせるべきではない
  • 無煙たばこ製品も癌(がん)リスクを増大させる
  • がん生存率、最も高いのは米国 英医学誌
  • がん予防には運動も効果がある。
  • ブロッコリーをたくさん食べる男性は前立腺がんにかかりにくい
  • がんの痛み軽減に鍼灸治療が有効、米研究
  • ミトコンドリア異常でがん悪性化 筑波大チームなど解明
  • 0がんを克服する人達

  • 元ディープ・パープルのジョン・ロードが死去
  • 小野ヤスシさん死去 食道がん72歳
  • エマニエル夫人59歳…脳卒中と肝臓がん
  • ステージ4 がんと生きる 池田省三 <副作用>
  • 中村勘三郎“食道がん”とうつ病の関係
  • ひげの殿下!寛仁さま、66歳でご逝去!
  • ステージ4 がんと生きる 池田省三 <抗がん剤> 相性よく 劇的な効果
  • 尾崎紀世彦さん死去
  • 「ヒップアップ」小林すすむさん死去…58歳、がん
  • 米「ディスコの女王」、ドナ・サマーさん死去 63歳
  • なかにし礼氏が食道がん TV生放送で告白
  • 元ディープ・パープルのジョン・ロード、イスラエルで癌の治療中
  • 杉原輝雄氏が前立腺がんで死去
  • 〈速報〉山田五郎氏が食道がん手術を明かす
  • 作家・眉村卓さんインタビュー全文(1)妻のがん判明、5年生存率は「ゼロ」
  • 日吉ミミさん死去 すい臓がん闘病2年
  • 病院に行った時点で「余命1か月」を宣告されたラモスの妻
  • ジョー山中さん肺がん公表1年半で力尽く
  • がんと就労 読者編:5 「自分の店に戻る」を目標に
  • ラモス瑠偉氏の妻・初音さん転移性肝がんで死去
  • 「芳雄さん、ありがとう」阪本順治監督が弔辞
  • 犯罪心理学者の作田明氏(60)が死去 がんのため(06/01 15:49)
  • 団鬼六さん逝く 79歳
  • 「キャンディーズ」スーちゃん、55歳で乳がん死…田中好子さん、闘病19年
  • 3年前に告知も…延命拒否した和田勉さん、専門医は?
  • 世界が感動!寛平、がん乗り越え地球完走 (2/2ページ)
  • ガハハとダジャレと芸術賞 和田さん天国
  • 和田勉さん死去=「天城越え」などのドラマ演出
  • ナイル・ロジャース、癌を公表
  • ロカビリーの山下敬二郎さん急死71歳がん
  • 「二十四の瞳」の高峰秀子さん、肺がんで死去
  • 寛平日本上陸、地球はホンマに丸いんや
  • 英俳優P・ポスルスウェイトさんが死去、64歳
  • 間寛平さん1月21日大阪へ アースマラソン最終ゴール
  • 「別れても好きな人」…シルヴィアさん、肺がんで死去
  • 【NBA】ナゲッツに名将復帰、がんに勝ったカール監督
  • 女優ジェーン・フォンダ、乳がんを告白。
  • 声優・野沢那智さん、肺がんのため都内の病院で死去 72歳
  • 野沢那智さん、ヘビースモーカーも7年前から禁煙してた
  • 声優の野沢那智さんが死去 アラン・ドロンら吹き替え
  • がん克服し高校教諭に 小林さん大学で講演 神戸 
  • 「親分」大沢元日本ハム監督死去 78歳、胆のうがん
  • シルヴィア 肺がんで闘病中、昨年5月に発見
  • 【ゆうゆうLife】向き合って トランペット奏者 日野皓正さん(67) 
  • 池内淳子さん死去 がん隠し5月まで舞台
  • 突然のがん宣告 がんに打ち勝つ決意新たに 直腸がん(1) 高垣諭さん(40)
  • 夏木、脳梗塞と肝臓がんを告白(09/24 09:56)
  • 今敏が膵臓がんで急逝、46歳
  • サザンの桑田佳祐さん食道がん公表、休養へ
  • 67歳まさに鉄人 トライアスロン23回完走の秘訣は
  • 間寛平、痛みに耐え3時間半で20・5キロ
  • 【訃報】特撮俳優の第一人者、池田さんが…
  • がん治療を終えた間寛平がトルクメニスタンに出発~アースマラソン再開へ
  • 「がけっぷちナース」高橋梨香さんを悼む
  • 日吉ミミ がん告白 すい臓がん 昨年5月手術
  • 間寛平、前立腺がん放射線治療終了! 今月中にもアースマラソン再開
  • デニス・ホッパーの葬儀にP・フォンダ、J・ニコルソン等が参列(動画あり)
  • 肺がん梨元さん「自分のことも伝えたい」
  • 寛平さん、がんの放射線治療へ アースマラソンを中断
  • ナブラチロワさんが乳がん告白「泣いた」
  • しばたはつみさん死去 「OH!モーレツ」などCMソング500本
  • 前立腺がん闘病中 デニス・ホッパーげっそり…殿堂入り式典出席
  • 海老名香葉子さん 乳がん手術していた
  • 「特捜最前線」夏夕介さん胃がんで死去
  • がんを生きる:4カ所に病巣抱える現役美容師 大好きな仕事、最期まで
  • 井上ひさしさんが肺がん
  • がんを生きる:つながりを求めて/5止 患者サロン、集う「仲間」
  • がんを生きる:/53 肝臓がん/上 「余命3カ月」「頓死」の宣告 /大阪
  • 訃報:飯野知彦さん56歳=デュークエイセス元メンバー
  • 元NBAスター選手のジャバー氏、白血病を告白
  • デニス・ホッパー、前立腺がんであることを発表
  • 弟子の襲名楽しみに…闘病力尽き円楽さん逝く
  • 三遊亭円楽氏=落語家
  • キッスの元ドラマー、男性でも乳がんになると注意促す
  • 英作曲家L・ウェバー、前立腺がんの治療中=BBC
  • classの津久井克行さん、すい臓がんで死去
  • V9戦士 土井正三氏、巨人3連覇見届け死去
  • 登山:今度はモンブランに がん闘病中、行橋の井上さんが旅立つ /福岡
  • 「人生いろいろ 過ぎたら思い出」 新世界の名物"ママ"がん克服、店再開
  • 名バイプレーヤーとして知られる俳優の山田辰夫さん、胃がんで死去
  • (最終回)読者から反響2000通…「信頼の医療」へ書き続ける
  • ジャクソンさんは薬物治療を受けていた、弁護士談
  • マイケル・ジャクソンさん、心臓停止で死去 検視局が確認
  • M・ジャクソンさんが死去=「スリラー」で金字塔-自宅で心臓発作・米報道
  • がん:朝日医師も患者に 残された時間、どう生きて死ぬかが大切 /香川
  • アントニオ・古賀 胃がん手術を告白
  • 病と生きる 歌手・加藤登紀子さん
  • がん闘病鳥越俊太郎氏が清水国明がん取材
  • 「人間、好きになったかな」-がんと闘う女医のつぶやき
  • 友の絆 がん克服の糧 京産大バスケ部・菊地 1年闘病、今月復帰
  • 愛華みれ「夫はきらめく星座です」
  • がんと闘わない生き方―乳がん患者として(2)術前化学療法
  • 1-スティーブ・ジョブス

  • 「ジョブズ氏、当初がん手術拒み後悔」 伝記作者 2011/10/21 9:28
  • スティーブ・ジョブズ氏の闘病は「見事」--癌専門家
  • ジョブズ氏、アップルCEOを退任
  • 米アップルのジョブズCEO、おぼつかない足取りでカフェを出る
  • Appleのスティーブ・ジョブズCEO、オバマ大統領と会合
  • スティーブ・ジョブズ、癌で余命宣告『あと6週間』 の混乱  アップルCEO休職中
  • ジョブズ氏、スイスでがん治療 09年に、米誌報道
  • アップルのジョブズCEO、再び病気療養へ
  • スティーブ・ジョブズ氏の追加ニュース!
  • アップル:ジョブズCEOが肝臓移植手術 今月中には復帰
  • S・ジョブズ氏、6月にアップルに復帰へ--WSJ報道
  • 2-パトリック・スウェイジ

  • 末期ガンでも仕事をやめなかったパトリック・スウェイジ
  • 故パトリック・スウェイジさん、自伝で壮絶な闘病の心情を告白
  • P・スウェイジの回顧録発売へ、闘病中の心境も伝える
  • 米俳優パトリック・スウェイジさん、すい臓がんで死去
  • すい臓がんのP・スウェイジ「死亡説」
  • 3-ファラ・フォーセット

  • 「チャーリーズ・エンジェル」のファラ・フォーセットさん死去
  • ファラ「末期がんの真実」900万人視聴者が釘付け
  • ファラ・フォーセットさん「がん闘病」放映
  • がん闘病中のF・フォーセット、 今週中にも退院へ
  • ファラ・フォーセットが入院、意識不明との報道も
  • 4-三木たかし

  • 三木たかしさん死去=64歳
  • 5-天神亭楽々

  • がん治療続ける天神亭さん 患者らに笑顔
  • 6-川村かおり

  • 川村カオリさん死去、38歳がん闘病の末
  • 川村カオリ、がんの転移を告白…治療に専念
  • 川村カオリ「愛し合ってるかーい!」
  • 7-忌野清志郎

  • 清志郎さん“がん克服記”の取材を断っていた
  • 忌野清志郎さん がん性リンパ管症で死去
  • 忌野清志郎:FM802キャンペーン曲 がん闘病中、スガシカオら特別ユニットに
  • 8-栗本 薫/中島 梓

  • 早過ぎる…中島梓さん逝く
  • 栗本薫さん すい臓がん
  • 9-清水國明

  • 清水國明、スローじゃなかったスローライフ
  • 十二指腸全摘出の清水國明が仕事復帰…同世代・清志郎さんの死去に神妙
  • 清水国明、がん摘出手術成功 4月末にも退院へ
  • 清水國明、ライブで十二指腸がんを告白
  • フコイダンについての知識

  • モズク色素 がん抑制効果 原発性体腔液性リンパ腫
  • 遺伝子作用で習慣病を撃退/モズク活用法探る/
  • フコイダン肝がん抑制 長嶺群馬大教授が初解明
  • 沖縄もずくがいいわけは!
  • フコイダンは海藻自身にはどのように働いているか!
  • フコイダンは酢との相性がいい!
  • フコイダン長寿のためにもいい!
  • フコイダンの含有量が多いもずくは!
  • フコイダンが多く含まれるもずく!
  • フコイダンアガリスクについて
  • フコイダンの摂取の仕方は?
  • 「フコイダンとは何でしょうか?」
  • 0-菅原文太

  • 菅原文太 禁煙のススメ
  • 1-頼近美津子

  • 元祖美人アナ頼近美津子さんが死去、53歳
  • 2-鳥越俊太郎

  • [プレミアムトーク]鳥越俊太郎さん“72歳現役がん患者”ホノルルマラソン完走誓う
  • がん手術4回経験の鳥越俊太郎氏 肉・マグロ・酒・煙草NG
  • 「がん患者」出版 鳥越俊太郎さん 治療の細部大事に
  • 鳥越俊太郎「肉体改造」70歳の裸体披露
  • 鳥越俊太郎さんの体験記 (2) 「生への感動が深まる」
  • 鳥越俊太郎さんの体験記 (1) 「手術後1か月でテレビに復帰
  • がん4度手術の鳥越俊太郎氏が健康自慢
  • 「向き合う気持ち大事」 がんテーマ 鳥越さんが講演 福岡市
  • がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/5止 命のリレー、連綿と
  • がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/4 治療格差、なくしたい
  • がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/3 「羅針盤」筑紫哲也さん
  • がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/1(その1) 闘う姿、さらけ出し
  • がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/1(その2止) 「つらい経験、役立つ」
  • がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/2 使命より欲求に従う
  • 鳥越俊太郎さん、がん患者団体の理事長就任
  • 3-佐々木雅彦記者

  • 骨肉腫と闘う:/1 抗がん剤の副作用で心体乱れる=社会部・佐々木雅彦 /大阪
  • 4-ジョニー大倉

  • 高須基仁のメディア国士無双 がん克服!ジョニー大倉の歌声に勇気もらった
  • ジョニー大倉が死亡説一蹴「おれはまだ生きている」
  • 5-園 まり

  • <乳がん>園 まり さんの場合!
  • 6-仁科亜季子

  • 「子宮頸がん」(1)38歳 不調感じ受診し発見
  • 7-小堺一機

  • 【04年8月30日】小堺一機“闘病生活”から復帰…手術後にがん細胞見つかる
  • 8-立川談志

  • 「自然消滅するんじゃないですか」立川談志が高座復帰
  • 立川談志1月復帰できず…入院して治療専念
  • 立川談志さん、年内の仕事すべてキャンセル 体調不良で
  • 9-荒木経惟

  • アラーキー、写真集で前立腺がん公表「病気になって“生欲”全開」
  • 0-小西博之

  • 「病気と闘わないで」コニタンが講演
  • ゆうゆうLife】病と生きる 俳優・小西博之さん(50)
  • 闘病記 私の生きる道
  • 末期がん余命3カ月から生還…小西博之の「勝利のV」
  • 0プライバシーポリシー

  • プライバシーポリシー
  • 1-井上ひさし

  • 井上ひさしさん、75歳肺がんで死去
  • 肺がん闘病中の井上ひさし氏、経過良好「新作へ意欲」
  • “ひょうたん島”井上ひさしさん、肺がん闘病明らかに
  • 2-小沢征爾

  • 小澤征爾氏 完全復活!熱のこもった指揮ぶり披露
  • 小沢征爾氏が復活の交響曲 休養後初の指揮
  • 小澤征爾さん、復活の7分 食道がん手術後初の指揮
  • 小沢征爾、腰痛悪化で本格復帰は限定1曲
  • 小澤征爾さん多摩復帰ならず
  • 小沢征爾さん食道がんから涙の復帰
  • 小沢さん、12月欧州公演を中止 食道がん治療中
  • 食道がん治療中 小澤征爾氏は海外公演降板
  • 小沢征爾さん、食道がん治療で半年休養
  • 3-つかこうへい

  • つかこうへいさん、元日に遺書書いていた
  • つかこうへい氏逝く…お別れの会は固辞
  • つかこうへい氏が肺がん告白…病院から舞台を指揮
  • 4-佐藤B作

  • 佐藤B作、正式に舞台降板「悔しい」
  • 【ゆうゆうLife】病と生きる 俳優・佐藤B作さん(61)
  • 5-ジョー山中

  • ジョー山中「胸に痛み」鹿児島県で肺がん治療中
  • 6-立花 隆

  • 立花隆さんインタビュー全文(3)「がん大国」は悲しむべきことではない
  • 立花隆さんインタビュー全文(1)死に方を選べるなら、がんがいい
  • 7-梨元 勝

  • たばこ吸わない人も肺がんリスク 症状なくても病変進む
  • 喫煙しなくても肺がんに?
  • 棺に家族写真…梨元勝さん、しめやかに密葬
  • 【YouTube】梨元勝氏の生前最後のレポート動画、再生数急上昇
  • 梨元勝さん逝く…通夜、葬儀はひっそりと
  • 【梨元さん死去】最後まで燃やしたリポーター魂 病床から自らの闘病生活を発信「トイレに行けない…」
  • 梨元勝さんが死去、65歳
  • 【ゆうゆうLife】病と生きる 芸能リポーター・梨元勝さん(65) (3/3ページ)
  • 8-桑田佳佑

  • 桑田佳祐、紅白で復帰!食道がん手術から5か月、ソロで初出場!
  • 桑田佳祐が歌った!音楽活動ついに再開!
  • 【from Editor】スターと「がん報道」
  • 桑田佳祐、近況報告「プールで泳いだ」
  • 桑田佳祐FMレギュラー番組で近況、下ネタも絶好調
  • 桑田退院がん転移なく声もバッチリ出ます
  • 桑田、病室で筋トレ!回復順調、声も問題なし
  • 桑田佳祐 順調回復アピール「おならやウンチも出た」
  • がん4度克服・大空眞弓が桑田佳祐にエール「初期なので、絶対大丈夫です」
  • 食道がんを患った著名人たちの復帰時期
  • 桑田さん事務所発表全文 「すぐに声が出た」「少し歩いた」 2010.8.4 20:39
  • 50~60代男性に多い食道がん どう向き合うか
  • サザンの桑田さん食道がん手術 「成功」と所属事務所
  • 桑田決意「死んでも戻る!」食道がんラジオで報告
  • 桑田「いとしのエリー」のモデル、姉を乳がんで失っていた
  • サザンの桑田さん、初期の食道がん ツアーを中止
  • 9.マイケル・ダグラス

  • マイケル・ダグラス、がんを克服、銀幕復帰!
  • がん克服のマイケル・ダグラス、ゴールデングローブ賞授賞式に出席
  • 闘病するダグラスに無理させないで! がん闘病中のマイケル・ダグラスが激痩せ! それでも続く刑務所通い
  • 喉頭がん治療中Mダグラス、余命数カ月
  • マイケル・ダグラスが『ウォール・ストリート』を最後に引退示唆
  • 米俳優マイケル・ダグラス、今週中にがん治療終了へ
  • がん治療中のマイケル・ダグラスが記者会見出席で『ウォール・ストリート』全米初登場1位!
  • がん闘病中のマイケル・ダグラスが支援に感謝
  • 米俳優M・ダグラス、咽喉がん回復の見込みは80%
  • マイケル・ダグラス、喉頭がんで声を失う可能性も?
  • マイケル・ダグラス『いん頭がん』発覚
  • 0・なかにし 礼

  • なかにし礼さん、復帰!
  • なかにし礼が受けた“陽子線治療”とは?
  • 食道がん克服!なかにし礼氏、10月から仕事復帰
  • なかにし礼氏闘病語る がん切除せずに治療
  • 1-中村勘三郎

  • 勘三郎、桑田の執刀医ががん手術
  • 強いアルコールを飲む人に発症しやすい食道がん
  • 2・やしきたかじん

  • やしきたかじん、がん手術終了で退院
  • 3・樹木希林

  • 乳がん患った樹木希林 「がんで死亡が一番いい。用意できる」
  • ん治療の名病院

  • がん治療の名病院<関東・東京>
  • がん治療の名病院<関東・東京>
  • がん治療の名病院<関東-神奈川・東京>
  • がん治療の名病院<関東-埼玉・千葉・>
  • がん治療の名病院<関東-栃木・群馬>
  • がん治療の名病院<東北地区>
  • がん治療の名病院<北海道地区>
  • コイダンの効能は

  • フコイダン代替療法とは
  • フコイダンの粘膜免疫を活性化させる働きとは。
  • フコイダンの動物実験の結果!
  • フコイダンの作用のいろいろ!
  • フコイダンは免疫力をアップしてくれる。
  • フコイダン効果はこんなにすごい!
  • フコイダンの新生血管抑制作用とは
  • 「フコイダンのアトポーシス誘導作用」
  • 最新のがん治療について

  • 内視鏡で肺深部のがん摘出 山形大、3次元CT画像活用
  • 「がん細胞との共生」は「撲滅」より効果的:新しい治療法
  • 県済生会病院:最新がん治療機導入 複雑な患部にも効果--8月から運用予定 /福井
  • 前立腺がんをロボット手術 金大病院、米の「主流」導入
  • 貝のコハク酸にがん抑制効果
  • 横浜国大、99.3%の精度でがん発見できる自動診断システム開発
  • [21]ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)-その2
  • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)
  • がん免疫療法の臨床試験開始 
  • 最新の治療方法-重粒子線がん治療とは!
  • 大腸がん

  • メタボロミクス・バイオマーカー!
  • 大腸がん、血液1滴で早期発見 診断に新手法
  • ステージ4 がんと生きる 池田省三 <告知>「やっぱり…」眠れた夜
  • 大腸癌 適度な運動と緑黄色野菜たっぷりとる
  • 大腸がん、早期発見・早期治療に勝るものはない! 2009年12月01日 07:01 JST セミナーの行われた川崎市国際交流センターホールに250名もの人々が参加した(撮影:宮本聰 2009年11月28日) 【PJニュー
  • 大腸がん(中)
  • 大腸がん(上)
  • 内肛門括約筋部分切除術 増加傾向が続く大腸がん
  • .乳がん

  • ブラジャーが乳がんの原因?
  • 乳がん:患者に月1回、温泉貸し切り 三重・三休の湯
  • 女性なら知っておきたい!乳がんになりやすいのはどんな人?
  • 悪性乳がん細胞が消失=人工ペプチドで免疫活性化-北海道大など
  • 乳がんのウワサ 根拠のないものも 2010年7月6日
  • 20 乳がん 川崎医科大付属病院乳腺甲状腺外科・園尾博司部長 「毎年検診」で発見早く 乳房温存術が手術の6割
  • ストレス緩和プログラムが乳癌(がん)再発患者に有用
  • コイダンと癌の関係は

  • ガンの三大療法は身体に深刻なダメージを与えてしまう。
  • ガンの三大療法は身体に深刻なダメージを与えてしまう。
  • フコイダンは免疫力にどう作用するか。その一
  • アトポーシスのメカニズム
  • フコイダンのガン細胞を死滅させるメカニズム
  • フコイダンのアトポーシス効果の詳細 その一
  • ガン予防に効果のある食品とは!
  • ガン予防法プラス3か条
  • ガンを予防する12の方法 第12条
  • ガンを予防する12の方法 第11条
  • ガンを予防する12の方法 第10条
  • ガンを予防する12の方法 第9条
  • ガンを予防る12の方法 8
  • ガンを予防する12の方法 第7条
  • 第六条、ビタミン類と食物繊維を野菜から!
  • ガンを予防する12の方法 第5条
  • お酒は適量で控えめに!
  • ガンにならないための方法3
  • ガンにならないための方法2
  • ガンを予防する12の方法
  • フコイダンとガンの治療法について
  • アトポーシス効果とは何か?
  • フコイダンのアトポーシス作用がガンを自滅させる。
  • 「ガンという病気について」
  • 胃がん

  • 除菌治療で胃がん予防を
  • 中外製薬、「Herceptin」のHER2陽性胃がんにおける有意な延命効果を確認
  • ピロリ菌 胃がん発生率5~10倍
  • コイダンの製品について

  • 低分子フコイダンへの疑問!
  • フコイダン製品の飲み方は?
  • 低分子フコイダンはどうよ!
  • フコイダンはなぜ低分子フコイダンがいいのか?
  • フコイダン製品は液体と錠剤、どちらがいいのか?
  • 前立腺がん

  • 前立腺がんの手術による救命率、経過観察とほぼ変わらず
  • 「ハゲている人ほど前立腺がんになりやすい」という研究結果
  • サプリメントで前立腺がんリスクは低下せず―独研究
  • 前立腺がんに「間欠的ホルモン療法」
  • がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅
  • 若ハゲ男性は前立腺がんのリスクも高いことが判明
  • 生活習慣と前立腺がんの深い関係
  • 前立腺がんリスク、指の長さが指標のひとつに 英研究
  • 間寛平、前立腺がん急速に改善!
  • 怖い前立腺がんの悪性度 50代以上は自分のPSA値把握を
  • 前立腺がん患者 HPを公開
  • 闘病中だったデニス・ホッパーが前立腺がんの合併症で死去
  • 健やかわかやま:前立腺がん、50歳以上の男性に急増 上門康成さんに聞く /和歌山
  • 前立腺がん 小線源治療定着
  • 食道がん

  • 食道がん男性患者の3割、アルコール依存症の疑い
  • サラリーマンに迫る“食道がん”の恐怖…原発所長も戦線離脱
  • 食道がんの簡易発見に道 広島大大学院グループ
  • 難しかった食道がんの早期発見が可能に
  • 食道がんを患った著名人たちの復帰時期
  • 松江の安達さん がん乗り越えホーラン写真集出版
  • 食道がん手術後 再発の疑い
  • 抗ガン免疫作用のある健康食品

  • 効ガン食品療法は代替療法からメインな療法へ
  • アトポーシス促進作用の効ガン食品
  • 効ガン食品の種類は!
  • きのこ系の効ガン食品は免疫力をアップする!
  • 効ガン食品はガンに効く成分を凝縮したもの!
  • ガンに克つ健康食品/サメ軟骨
  • かんに克つ健康食品類/AHCC
  • 肝臓がん

  • 肝臓がんの治療!最前線!
  • 「肝がん」原因90%のウイルス性肝炎 40人に1人が感染
  • 肝臓がん 治療費は?
  • 3000万人の国民病 非飲酒者でも肝硬変に 脂肪肝
  • 肝臓は沈黙の臓器 南和歌山医療センター・藤本内科医長 /和歌山
  •  膵臓がん

  • 膵がん細胞を狙い撃ち
  • 膵臓がん、広がる仕組みを解明 愛知医大、粘液物質が進行促進
  • 膵癌(がん)発症までには驚くほど時間がかかる-早期検出による治療に希望
  • 膵臓がん(2)無理な手術より治療薬
  • 全国のガンの専門病院の名医

  • 皮膚がん(表皮がん・悪性黒色腫)
  • 婦人科がん(子宮がん、卵巣がん)
  • 泌尿器がん(前立腺がん、腎臓がん、膀胱がん)
  • 肝胆膵がん (肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がん)
  • 大腸がん
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 乳がん
  • 脳腫瘍(のうしゅよう)
  • 頭頚部ガン(とうけいぶ)
  • ”私ががんならこの医者に行く” 海老原 敏
  • .最先端のがん治療を受けれる病院

  • がん細胞、熱で破裂
  • 切らずにがん治療
  • 食べてがんを治す

  •  ◇がん予防にブロッコリー脚光 抗酸化作用、ピロリ菌除菌効果も
  • みそ汁1日3杯 がん抑制
  • 9割関心、受診は4割=6割は「異常ないから受けず」−乳がんの意識調査
  • ほうれん草にはβーカロチンが多く含まれている。
  • トマトの赤い色には抗酸化作用がある。
  • さつまいもはがんを抑制する!
  • やまいもはとろろ汁で食べるといい!
  • だいこんおろしを小鉢一杯!がんを予防します。
  • ごぼうを一日100グラム!
  • にんじんを一日0.5本
  • らっきょうを一日三粒!
  • にんにくを一日ひとかけら!
  • がんにならないための食生活とは!
  • 食べてがんを治す<がんを予防する食品 7>
  • 食べてがんを治す<がんを予防する食品 6>
  • 食べてがんを治す<がんを予防する食品 5>
  • 食べてがんを治す<がんを予防する食品 4>
  • <がんを予防する食品>その3 豆類
  • 食べてがんを治す<がんを予防する食品 2 > 
  • 食べてがんを治す<がんを予防する食品> 
  • 食べてがんを治す<がんを予防する食事 2 >
  • 食べてがんを治す<がんの予防する食事1>
  • 食べてがんを治す<欧米型食生活の問題点3>
  • 食べてがんを治す<欧米型食生活の問題点2>
  • 食べてがんを治す<欧米型食生活の問題点1>
  • <食べてがんを治す> 石原結実 著 PHPエル新書
  • Dr.中川のがんを知る:

  • Dr.中川のがんの時代を暮らす:/48 子どもへの教育が大事
  • アジアンフラッシュ! 
  • Dr.中川のがんの時代を暮らす:/26 喫煙率に数値目標
  • Dr.中川のがんの時代を暮らす:/20 DNA傷つけるラドン
  • Dr.中川のがんの時代を暮らす:/15 医療被ばく量、世界最多
  • Dr.中川のがんの時代を暮らす:/7 チェルノブイリとの違い
  • Dr.中川のがんの時代を暮らす:/6 偉大なる宇宙
  • Dr.中川のがんの時代を暮らす:/4 生き物と縁が深い放射線
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/94 もし進行が遅ければ…
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/99 福島原発事故の放射線被害、現状は皆無
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/93 英語で「カニ」と呼ぶわけ
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/92 企業検診、高まる重要性
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/90 間寛平さんの挑戦と治療
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/88 「大沢親分」に学ぶ
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/85 年齢調整死亡率に疑問も
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/84 対策推進へ政府は本腰を
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/76 遺伝子で決まる治療戦略
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/75 イレッサが効く仕組み
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/74 人種で異なる遺伝子異常
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/73 非喫煙者も検診は必要
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/71 「赤くなる人」酒、控えめに
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/70 「飲むと赤くなる人」要注意
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/69 食道に悪い酒、たばこ
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/65 医療もチームワーク重要
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/61 検診受けて早期発見
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/58 「死を忘れた日本人」へ
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/60 治療と仕事の両立
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/59 女性の患者多い30~40代
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/55 若い女性の発症多く
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/50 「さよなら」のための時間
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/49 余命とどう向き合うか
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/47 余命告知の厳しい現実
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/46 余命には幅がある
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/35 「肝炎対策基本法」に期待
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/32 禁煙こそ最良の治療
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/31 見習いたい最期の姿
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/30 過去の患者からの贈り物
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/29 検診受診率を50%に
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/28 寿命に限りがあるわけ
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/27 DNA複製とテロメア
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/25 切れ目ない対策を
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/24 「ワクチン後進国」脱却を
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/22 余命を生かす
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/20 政権公約を比較する
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/19 原爆の放射線の影響
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/18 「放射線=やけど」は誤解
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/17 医療費、出し渋る日本
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/15 人工呼吸器の影響
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/14 脳死は人の死か
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/13 臓器移植法の改正論議
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/12 難しい「死亡宣告」
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/10 痛みはゼロにできる
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/11 心臓停止と臓器の死
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/9 検診が必要な理由
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/8 必然的な細胞の「自殺」
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/7 「性」持つものの運命
  • 特集:ドクター中川の続“がんを知る”公開講座(その2止) 体験談/問題提起ほか
  • 特集:ドクター中川の続“がんを知る”公開講座(その1) 基調講演ほか
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/4 コピーミスの功罪
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/3 不老不死の細胞
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/6 細胞に「若返り」機能
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/5 限界ある細胞分裂
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/2 命に限りある理由
  • Dr.中川のがんから死生をみつめる:/1
  • Dr.中川のがんを知る:実践編66 小児の場合
  • 全体の5%「家族性腫瘍」
  • Dr.中川のがんを知る:実践編64 「遺伝病」は誤解
  • がんを生きる:負担少ない治療/上 胃切除、なるべく小さく
  • がんを生きる:負担少ない治療/中 腹を切らず胃手術
  • がん関連の本

  • がんの妻に寄り添い3年2か月 鎮魂願い闘病記出版
  • 大往生したけりゃ医療とかかわるな [著]中村仁一
  • 『命はそんなにやわじゃない』
  • 免疫細胞治療II
  • 手術や薬に頼らない いま必要な本当のがん治療
  • マキノ出版、『ガンを自分で治した医師の「ガン治し」本気塾』を刊行
  • 『親ががんだとわかったら』  はにわきみこ 著
  • 病気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著 - 10/07/22 | 08:00
  • がん闘病、機嫌よく 春日井出身の女性ブログを友人が出版
  • 秋田の医療系セラピスト、「明るいがん闘病記」出版-経営者にも好評
  • 『ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力』の感想
  • 米長さん闘病記が好評 中高年の必読書「癌ノート」
  • 「乳がん患者の本音知って」 43歳の体験、本に
  • がんとがん医療に関する23話~がん細胞の振る舞いからがんを考える~
  • 「今、本当に受けたいがん治療」(西尾正道著)
  • がん患者「必携」の冊子、国立がんセンターが試作
  • 『なぜ、「がん」になるのか? その予防学教えます』(津金昌一郎著)
  • 「明るいがん講座」が本に
  • がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤 (アサヒオリジナル) (ムック)
  • 病と生きる がん闘病記を出版した看護師 山内梨香さん(35) 
  • 最期を迎える患者の「後悔」
  • 白血病の長男を10歳で失う 『がんの子どもを守る会』で活躍 野田沢郁子さん
  • 「病院の実力 2009 がんと闘う」(読売新聞社刊)
  • 新刊:暮らし・教育 『がん専門医が語るがん治療の新戦略…』=武藤徹一郎・監修
  • 国民はもっとがんを知るべきだ
  • 末期がんの女医が贈る患者へのメッセージ
  • がんガイドブック:中学3年生向けに、Dr.中川が作成
  • 「がんをどう考えるか」(三橋紀夫著)
  • 『末期ガンなのにステーキを食べ、苦しまずに逝った父』黒岩祐治著
  • ん-その他

  • 脳出血!
  • がん保険のからくり!
  • 射能汚染問題

  • 「低線量でも“安全な被曝”は存在しない」
  • ポンプ復旧に全力 「冷却安定」へ一進一退
  • 血病

  • 白血病闘病中の大塚範一アナ 9月で治療終え仕事復帰に意欲
  • がん

  • 同じ肺がん患者でも喫煙者では10倍! がん細胞の突然変異
  • 喫煙率低下で肺がん死大幅減、米国で1975〜2000年に“劇的”な変化。
  • あなたの処方せん:/10 新・禁煙事情/1 喫煙者、なお男性の4割
  • 肺がんの予防と最新治療学ぶ
  • 女性の喫煙:減らず 出産年齢上がり依存重症化 
  • 受動喫煙で病死、毎年推計6800人
  • 肺がん率、遺伝子型の違いで2倍の差 喫煙量同じでも
  • オーストリア:喫煙率「世界一」 飲食店での制限始まる
  • 愛煙家の桜井代表幹事も「たばこ増税容認」 経済同友会
  • 男性の喫煙率、最低の36% 厚労省調査、5年で10ポイント減
  • フィルターたばこ、がんリスク同じ 「腺がん」罹患率上昇
  • 喫煙で年600万人が死亡 米がん学会が報告書
  • のうがん

  • 自覚症状なし 危険な胆嚢がん 超音波の定期検査を
  • 管がん

  • 胆管がん予防へセミナー
  •  胆管がん:「発症悔しい」労災申請の男性が初会見 三重
  • 胆管がんの労災申請34人に
  • 印刷会社の胆管がん、空調配置も原因か
  • 胆管がん問題「印刷業が問題ではない可能性」
  • 胆肝がんとは?
  • 大阪市大、胆管がんめぐり疫学調査 特別外来も設置
  • 胆管がん:「労災認定、早期に結論」…厚労政務官
  • 大阪の印刷会社、胆管がん以外の症例新たに6人 業務関連疑い計19人に、厚労省調査へ
  • クローズアップ2012:胆管がん、発症拡大 有機溶剤、甘い規制 毎日新聞 2012年07月11日 東京朝刊
  • 胆管がん死亡さらに2人 発症12人に 大阪の印刷会社
  • 「真相知りたい」胆管がん死で労災申請中の遺族ら
  • スポンサードリンク

    更新履歴