Top >  がん関連の本 >  手術や薬に頼らない いま必要な本当のがん治療

スポンサードリンク

手術や薬に頼らない いま必要な本当のがん治療


手術や薬に頼らない いま必要な本当のがん治療

がん治療の本のご紹介です。

手術、放射線、抗がん剤に頼らない治療とは?

ぜひ読んでみたい本ですね。

手術や薬に頼らない いま必要な本当のがん治療


<以下、記事の引用です>

手術や薬に頼らない いま必要な本当のがん治療 2011/3/15 12:02 FXで過去最高の年収を達成!www.fxgirls.jp 年間利用者約10万人のFX比較サイト!口座開設無料 インタレストマッチ コメントを見る・書く その他 本文印刷

「がんとともに歩む」ことが可能ながん治療とは?
幻冬舎は、新刊本『がんと生きる 家族ががんになったとき医師が選ぶがん治療』(著・天願勇、監修・白畑實隆)を、2011年2月1日に発売した。
母を乳がんで亡くした著者の天願氏は、がんの撲滅を目指して医師になる。そして、結婚するが、その最愛の夫人をも子宮がんで亡くすことに。3人の子どもたちを前に、天願氏は改めてがん治療と正面から向き合い、限界のある「手術」「抗がん剤」「放射線」という3大療法ではなく、全人的総合治療を理想として尽力することになる。
同書には、そんな天願氏の、がんと闘う半生に加え、同氏が信じる本当のがん治療とは何かが、詳しく綴られている。また、がんを克服した多くの症例も紹介。
「いま、必要なのは私や私の仲間たちのような医者と、がん患者さんをつなぐ接点です。たとえば、この本の取材や執筆に大変尽力されたNPO法人統合医療と健康を考える会は、がん患者さんの相談窓口として活動しています」と、天願氏は記している。
単行本(ソフトカバー)、238ページ。
定価1260円。<モノウォッチ>

スポンサードリンク

 <  前の記事 Dr.中川のがんから死生をみつめる:/94 もし進行が遅ければ…  |  トップページ  |  次の記事 ポンプ復旧に全力 「冷却安定」へ一進一退  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴