Top >  がん関連の本 >  「今、本当に受けたいがん治療」(西尾正道著)

スポンサードリンク

「今、本当に受けたいがん治療」(西尾正道著)

「今、本当に受けたいがん治療」(西尾正道著)

放射線治療が遅れている日本の子宮ガンんの現状などを解説してくれています。


「今、本当に受けたいがん治療」(西尾正道著)
<以下、記事の引用です>

◇新刊・ビデオ
「今、本当に受けたいがん治療」(西尾正道著)

 放射線治療の専門医である著者が、がん治療を選ぶ際の考え方を解説した。

 子宮がんの場合、放射線治療は手術と同等の効果があり、欧米では治療の主体になっているが、日本では相変わらず手術が優先されている。

 がん治療の拠点病院なのに、放射線治療の体制が不十分な病院も多い。話題は医療費や医学教育にも及び、がん医療の課題を縦横に考察する。(エム・イー振興協会刊、1524円=税抜き)

(2009年8月30日 読売新聞)
関連記事・情報

スポンサードリンク

 <  前の記事 「子宮頸がん」(1)38歳 不調感じ受診し発見  |  トップページ  |  次の記事 老化で増えるリンパ球確認 京大 白血病、がん治療に光明  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴