Top >  がん関連の本 >  「明るいがん講座」が本に

スポンサードリンク

「明るいがん講座」が本に

「明るいがん講座」が本に

がんの最適な治療法はどんなものなのか?

その答えがこの本には詰まっています。

「明るいがん講座」が本に
<以下、記事の引用です>


「明るいがん講座」が本に

 本紙「医療」のページで2006年7月から1年間にわたり連載された、がん放射線治療医、植松稔さんのコラム「明るいがん講座」が本になった。タイトルは「明るいがん治療3 『明るいがん講座』30話」(三省堂、1500円=税抜き)。

 植松さんは、放射線を患部に集中させる「ピンポイント照射」により、早期肺がんなどを切らずに治す手法を開発した。コラムでは、「前立腺がんの治療効果は、手術でも放射線でも同じ」など、各種がんの最適な治療を選ぶためのポイントをわかりやすく解説した。

(2009年7月9日 読売新聞)

スポンサードリンク

 <  前の記事 骨肉腫と闘う:/1 抗がん剤の副作用で心体乱れる=社会部・佐々木雅彦 /大阪  |  トップページ  |  次の記事 粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制…サルで実証  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴