Top >  がん関連の本 >  がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤 (アサヒオリジナル) (ムック)

スポンサードリンク

がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤 (アサヒオリジナル) (ムック)

がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤 (アサヒオリジナル) (ムック)

この本では薬物療法の最先端の説明がされています。

「癌研有明病院」の畠清彦化学療法科部長が責任編集された一般向けの本とのこと。

がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤 (アサヒオリジナル)
出版社:朝日新聞出版   価格:¥ 1,200


がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤 (アサヒオリジナル) (ムック)
<以下、記事の引用です>


がんを薬で治す [責任編集]癌有明病院・畠清彦化学療法科部長

[掲載]2009年6月18日
 日本のがん治療の拠点として知られる「癌研有明病院」で実施されている最新の薬物療法を、現役医師自らが一般の人向けに解説した一冊。

 薬物療法は手術、放射線と並ぶがん治療の三本柱だが、進歩のペースが著しく、同病院でも毎年約80種類の薬物療法が新たに加わる一方で、60程度は古くなって削除されるという。

 がんの種類ごとに薬物療法を説明しているほか、副作用対策や治療中の日常生活なども掲載されている。薬物療法は長期にわたることが多く、患者自身の治療への積極的なかかわりが欠かせない。自分自身や家族が最新の治療を受けるためにも、知識を身につけておきたい。


がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤 (アサヒオリジナル)
出版社:朝日新聞出版   価格:¥ 1,200

スポンサードリンク

 <  前の記事 病と生きる がん闘病記を出版した看護師 山内梨香さん(35)   |  トップページ  |  次の記事 アップル:ジョブズCEOが肝臓移植手術 今月中には復帰  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴