Top >  がん関連の本 >  病気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著 - 10/07/22 | 08:00

スポンサードリンク

病気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著 - 10/07/22 | 08:00

病気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著 - 10/07/22 | 08:00

性格的な問題で病気になりやすい性格という調査があり、

本になって出版されています。

遺伝的な個人差も重要なのですが、

後天的な性格という個人差も病気に大きく関係してくるようです。

どんな性格が病気になりやすいか?

ちょっと想像できてしまうところが面白いですね。

A型の人は要注意かも?ですね。

病気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著 - 10/07/22 | 08:00


<以下、記事の引用です>

気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著 - 10/07/22 | 08:00

[+]画像拡大
 同じだけタバコを吸っていても肺がんになる人もいれば、ならない人もいる。この個人差はどうして生じるのか。要因の一つは遺伝、そしてもう一つは「ストレス」をどう受け止めるかである。

 「こころ」のストレスが「からだ」に伝わると、自律神経や免疫機能に変化が生じるため病気が起こりやすくなる。だが、ストレスをからだに伝えやすい人もいれば、それほどでもない人がいる。つまりこれが「性格」の違いであり、ここから病気になりやすい性格が生じる、と生活習慣病の成因解明や老化予防を研究する著者は指摘する。

 著者の研究室で行った5万人調査の結果や国内外の研究成果によって、性格と病気の関係性が裏付けられる。

朝日新書 777円

スポンサードリンク

 <  前の記事 胃がん予防は「ピロリ菌除菌」 乳酸菌が抗生物質を「アシスト」  |  トップページ  |  次の記事 67歳まさに鉄人 トライアスロン23回完走の秘訣は  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴