Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  Dr.中川のがんを知る: >  Dr.中川のがんから死生をみつめる:/90 間寛平さんの挑戦と治療

スポンサードリンク

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/90 間寛平さんの挑戦と治療


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/90 間寛平さんの挑戦と治療

中川先生のコラムです。

間寛平さんの前立腺がんの治療について説明してくれています。

やさしい放射線治療もあるんですね。

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/90 間寛平さんの挑戦と治療

<以下、記事の引用です>

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/90 間寛平さんの挑戦と治療

 昨年8月、食道がんの手術を受けたサザンオールスターズの桑田佳祐さん(54)が、年末の紅白歌合戦で元気な姿を見せてくれました。少しやせてはいましたが、以前と変わらない歌声に、ファンの一人として、とてもうれしく思いました。

 もう一人、この年末年始に活躍が注目された、がん患者がいます。前立腺がんを告白しながら、マラソンとヨットで地球を一周する「アースマラソン」に挑戦しているタレントの間寛平さん(61)です。寛平さんは今月4日、ヨットで福岡に「上陸」しました。

 08年12月、大阪を出発した寛平さんは、千葉・鴨川から太平洋を横断し、北米大陸を走破した後、大西洋を渡ってフランスに入り、ベルギー、オランダ、ドイツ、ブルガリア、トルコ、イラン、トルクメニスタン、カザフスタン、中国など計18カ国を走り抜きました。ところが、昨年初め、トルコで受けた検査で、前立腺がんと診断されたのです。それにもかかわらず、寛平さんは男性ホルモンを抑える注射を打ちながら、アースマラソンを続けました。

 そんな寛平さんも、いったんはマラソンを休止し、米国・サンフランシスコに渡って放射線治療を受けました。外部照射を5週間受けた後、前立腺内に放射線を放出するアイソトープを送り込む「組織内照射」をし、昨年6月に退院しました。将棋の米長邦雄永世棋聖も同じ治療を受けて治癒しています。寛平さんは、退院後2週間で中央アジアのトルクメニスタンに戻り、マラソンを再開しました。

 がんになったら「静かに養生するのが一番」と考える人が多いと思いますが、骨への転移で骨折する危険がある場合を除き、実は、生活上の制限はほとんどありません。むしろ、再発を予防するためにも「適度の運動」が勧められます。また、放射線治療というと、副作用が多いように思われていますが、「マラソンとの両立」が可能なほど身体に優しい治療なのです。

 寛平さんはいよいよ、今月21日に大阪でゴールを迎えます。寛平さん、本当にご苦労さまでした。完走後は、ゆっくり休んでください。(中川恵一・東京大付属病院准教授・緩和ケア診療部長)

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界が感動!寛平、がん乗り越え地球完走 (2/2ページ)  |  トップページ  |  次の記事 ジョブズ氏、スイスでがん治療 09年に、米誌報道  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴