Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  食べてがんを治す >  トマトの赤い色には抗酸化作用がある。

スポンサードリンク

トマトの赤い色には抗酸化作用がある。

活性酸素は、成人病のほとんど全ての原因と考えられています。

この活性酸素は過剰に摂取すると体内の細胞や遺伝子がさびついてしまい、それによってがんなどの発症の原因となります。

体には活性酸素の毒を中和してくれる機能があるのですが、年齢を経ることによって機能は低下のいっとをたどります。

機能の低下した分を緑黄色野菜を食べることで補うことができるのです。

緑黄色野菜にはβーカロチンが含まれていて、活性酸素を消去してくれる抗酸化作用があるのです。

最近の研究によって、このβーカロチンよりもさらに強力な抗酸化作用の力を持つ成分がトマトに含まれていることがわかってきました。

トマトの赤い色素成分で、リコピンと呼ばれています。

このリコピン、じつにβーカロチンの2倍も強い抗酸化作用があることが判明しました。

トマトにはリコピンとともに、βーカロチン、ビタミンA,C,E。抗酸化作用のあるミネラルのセレン、大腸がんを予防する食物繊維ペクチンなどが含まれています。

このようにトマトは、がん予防に最適な制がん作用をもつ非常にすぐれた野菜なのです。

トマトジュースなどの加工品は、真っ赤な熟した完熟トマトが使われるので必然的に赤い色素成分のリコピンの量も多くなり、リコピンの含有量の点では加工品の方が多いことになります。

がん予防の目安としては、1日あたり生のトマトでは大きなもので1個、中程度なら2個、トマトジュースなら1缶で十分がん予防に有効です。

がんを予防するためにはトマトは最適なんですね。

トマトをたくさん食べてがんを未然に防いでいきましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ブロッコリーをたくさん食べる男性は前立腺がんにかかりにくい  |  トップページ  |  次の記事 がん予防には運動も効果がある。  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴