Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  食べてがんを治す >  さつまいもはがんを抑制する!

スポンサードリンク

さつまいもはがんを抑制する!

やまいもに続き、さつまいももがんには強いことが明らかになりました。

さつまいもの搾り汁でがん細胞の増殖を抑えられるのです。

進行するがんの細胞分裂を止めてくれる働きがあるようなんです。

さつまいもの搾り汁の中には、ガングリオシドという成分があり、その成分ががん細胞の増殖を防いでくれています。

臨床実験でも、60代の男性末期肺がんの人が、ガングリオシドを定期的に摂取するようになってから、5年も元気でいられまるでがんが治ってしまったとか、前立腺がんで医者に見離されてしまったがん患者も、がんを抑えていることができました。

他にも10数例の臨床実験の結果があるようです。

他にさつまいもは、食物繊維が非常に豊富ですので、搾り汁だけを摂取するよりもまるごと食べたほうが効果があります。

体内には胆汁とともに排出された老廃物があり、この中には有害物質やごく微量の発がん物質も含まれています。

腸内で便が長時間溜まってしまうと、これらの物質が腸内細菌で代謝された発がん物質に変わって、腸の壁を刺激してしまいます。

さつまいもの食物繊維は、これらの有害物質や脂質を吸着して便の量を増やしてくれ、排便を促進してくれます。

そのため便は腸内に留まる時間が短くなり、便の中の有害物質が体内に吸収される機会も減ってくれます。

さつまいもに含まれるこのガングリオシドは熱に非常に強いので、煮ても焼いてもがんの抑制作用の効果は変わりません。

毎日さつまいもをいろんな調理法で料理して、一日200グラム食べてがんの予防に役立てましょう!

スポンサードリンク

 <  前の記事 やまいもはとろろ汁で食べるといい!  |  トップページ  |  次の記事 ブロッコリーをたくさん食べる男性は前立腺がんにかかりにくい  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴