Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  食べてがんを治す >  だいこんおろしを小鉢一杯!がんを予防します。

スポンサードリンク

だいこんおろしを小鉢一杯!がんを予防します。

だいこんおろしががんを予防する

だいこんおろしのピリッとした辛味の成分には、すぐれた抗がん作用や抗酸化作用、抗菌作用、抗炎症作用があることが判明しました。

発がん物質の解毒酵素の働きを活性化することが確認され、注目を集めました。

だいこんの辛味成分とは、「イソチオシアネート」などのイオウ化合物です。

だいこんを摩り下ろすことで組織がこわされ、「ミシロナーゼ」という酵素が働いて作り出されます。

この辛味成分が多くの発がん物質の解毒に必要な「酵素」を活性化する力が強いといわれています。

この辛味成分はだいこんの組織を壊さなければ生まれてこないため、すりおろすことが必要です。すりおろすと辛味成分が増えてくれるほかに、酵素が辛味成分を遊離させてくれ体に吸収しやすくしてくれます。

また、だいこんおろしは魚の焼けこげに含まれる発がん物質を90%も解毒してくれます。

これは辛味成分とだいこんの消化酵素のジアスターゼやオキシターゼの相乗効果によるもので、ジアスターゼはでんぷんを分解して胃もたれを解消、オキシターゼは発がん物質を分解、解毒してくれます。

ジアスターゼとオキシターゼは胃腸内で働いて、胃壁の粘膜を保護して潰瘍を予防、修復の働きをしてくれます。

この二つの酵素はたんぱく質なので加熱してしまうと固まりになって効果がなくなります。

そのため、だいこんを生のまますりおろさなければ効果がありません。

そして、おろした後はすぐに食べることで効果があがるのです。


おろした後、辛味成分は揮発性のため、時間が経過するとともに効果が消失してしまいます。

だいこんおろしを食べる時は、食べる直前にすって、おろしたてを食べなければなりません。

食べる目安は一日100グラム!

だいこんおろし、小鉢一杯分です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 がんの痛み軽減に鍼灸治療が有効、米研究  |  トップページ  |  次の記事 やまいもはとろろ汁で食べるといい!  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴