Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  食べてがんを治す >  <食べてがんを治す> 石原結実 著 PHPエル新書

スポンサードリンク

<食べてがんを治す> 石原結実 著 PHPエル新書

<食べてがんを治す> 石原結実 著 PHPエル新書

新しいがんに関する本を見つけました。
まったく新しい考え方でがんの治療にとりくまれています。

前書きの部分を要約してみますが、発想を変えてがんの治療法や体験例を教えてくれています。非常に興味深く勉強になりますので少しづつですがご紹介させていただきます。


がんが増え続け、二人に一人はがんになる時代になっています。現代医学の外科的手術、放射線、抗がん剤、などの治療や早期発見によってがん死を減らそうとしていますが、現実は激増してしまっています。

高齢化社会になったからがんも増える、という説明だけでは納得できない状態です。
また、がんに効くという宣伝文句で様々な健康食品が高額で売れ、特殊な治療法でがんを治すという治療もありますが、効果のほどはあまりないようです。

こうした事実から、がんの対策は根本的に見直さなければ効果はないでしょう。

がんに対してコペルニクス的大転換をする必要があるということです。

がんを悪いものと考える見方を変え、がんは良いものという見方をしたらどうなるか?
がんが体にとって必要なものかもしれません。

がん性善説という見方です。

こんな考え方は初めて知りました。
非常に面白い考え方であり斬新だと思います。

この本の著者、石原先生ががんという病気の予防、治療法をがん性善説という立場から明らかにしてくれます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 皮膚がん(表皮がん・悪性黒色腫)  |  トップページ  |  次の記事 食べてがんを治す<欧米型食生活の問題点1>  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴