Top >  .最先端のがん治療を受けれる病院 >  がん細胞、熱で破裂

スポンサードリンク

がん細胞、熱で破裂

がん細胞、熱で破裂

奈良市の西の京病院では、熱でがん細胞を破壊することができるハイパーサーミアの専用機を導入しました。

ハイパーサーミアは温熱療法とも呼ばれ、がん細胞が熱に弱いことを利用しています。

体内の病巣を電極で挟み、高周波による分子の摩擦で42~44度ほどに温めることで、がん細胞を破壊することができます。

抗がん剤のような副作用も少なく、体に負担が少ないという治療法です。


がん細胞、熱で破裂
<以下、記事の引用です>


がん細胞、熱で破裂
2009年10月08日


熱でがん細胞を破壊するとされるハイパーサーミアの専用機器=奈良市六条町の西の京病院

  ◆西の京病院 専用機器を導入

 奈良市六条町の医療法人康仁会「西の京病院」が、がん細胞を熱で破壊するとされる治療法「ハイパーサーミア」の専用機器を導入した。

日本ハイパーサーミア学会(桜井市)によると、県内の民間病院での導入は初めて。「完治はしなくとも、8割のがん患者に何らかの有効性がある」(同病院)という。

 同病院は04年にPET(陽電子放射断層撮影)カメラを導入するなど、がんの早期発見に力を入れてきた。「全国で年間30万人以上ががんで死んでいる中、何かできることはないか」(高比康臣理事長)と、3年前から導入を検討。全国約100カ所の病院で実績があることから、約6千万円の専用機器を購入した。

 ハイパーサーミアは温熱療法とも呼ばれ、がん細胞が熱に弱いことを利用する。体内の病巣を電極で挟み、高周波による分子の摩擦で42~44度ほどに温めることで、がん細胞を破壊する。抗がん剤のような副作用も少なく、体に負担が少ないという。

 治療は保険適用対象。同病院では1回約45分、6回を1セットとして患者負担を1万~3万円ほどに設定した。高比理事長は「がんで希望を失った人に、がんとともに生きていけることを示せる治療法。PETなどでの画像診断をフル活用し、実績を積み重ねたい」と話す。問い合わせは同病院(0742・35・1215)へ。

スポンサードリンク

 <  前の記事 切らずにがん治療  |  トップページ  |  次の記事 高須基仁のメディア国士無双 がん克服!ジョニー大倉の歌声に勇気もらった  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴