Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  食べてがんを治す >  9割関心、受診は4割=6割は「異常ないから受けず」−乳がんの意識調査

スポンサードリンク

9割関心、受診は4割=6割は「異常ないから受けず」−乳がんの意識調査


乳がんの検診が意外に受けられていないという事実!

女性のがんの死因トップに君臨する乳がんなのですから、

4割の人しか検診をしていないというのはいかにもお粗末です。

もう少し注意をはらいたいものですね。

9割関心、受診は4割=6割は「異常ないから受けず」−乳がんの意識調査 11月2日14時39分配信 時事通信

 女性がん患者の死因トップの乳がんについて、9割近くの女性が関心を持つ一方、実際に検診を受けた人は約4割にとどまっていることが2日、ポータルサイト運営会社「NTTレゾナント」(東京)などの調査で分かった。
 調査は9月上〜中旬、30代と40代の女性を中心に実施。約2万7400人から有効回答を得た。
 87.1%が「関心がある」と回答したが、「日本人女性の20人に1人がかかる」「30〜64歳の女性がん患者の死因トップ」という現状を知っていたのは、それぞれ24.3%と18.1%だった。
 乳がん検診を受けたことがない人は42.9%で、4年前の調査より12.4ポイント減少した。自己検診を行った割合は4年前の25.6%から38.9%に、乳房エックス線撮影検査(マンモグラフィー)を受けた割合は同様に15.6%から27.4%に上昇した。 


スポンサードリンク

 <  前の記事 <抗がん剤治療>生存期間に5カ月の差  |  トップページ  |  次の記事 改造した免疫細胞で小児がん治療に効果  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴