Top >  全国のガンの専門病院の名医 >  婦人科がん(子宮がん、卵巣がん)

スポンサードリンク

婦人科がん(子宮がん、卵巣がん)

子宮ガン

子宮がんの治療は、手術によって子宮を摘出する方法が主に用いられています。
進行していれば切除する部分が広くなり、手術後も障害もひどくなります。

早期であれば、機能を温存する治療が研究されており、子宮頚がんの場合は凍結療法(がんを凍らせて殺す方法)や高周波療法(高周波を用いて電磁波の熱でがん細胞を殺す方法)、レーザー治療(レーザー光線を用いてがんを殺す方法)などが行われています。

集団検診によって子宮ガンの早期発見が可能になり、死亡率は著しく低下の傾向にあります。

放射線療法も使われていて、体外から照射する外放射や、腔内照射なども行われます。


卵巣がん

卵巣がんは最近増加傾向にあるがんで、死亡率も高いがんです。

手術でがん細胞を切除してから化学療法を用いて治療します。優れた抗がん剤の開発によって、嘔吐や白血球減少などの副作用が抑えられるようになり、化学療法は格段に質が上昇しています。


海老原先生の推薦する全国のがん名医
<婦人科がん>

東京慈恵会医科大学付属柏病院

産婦人科助教授
佐々木 寛 (ささき ひろし) 医師


慶応義塾大学病院
産婦人科教授
青木 大輔 (あおき だいすけ) 医師


佐賀大学医学部附属病院
産婦人科教授
岩坂 剛 (いわさか つよし) 医師


大阪大学医学部附属病院
婦人科・腫瘍科長
植田 正嗣 (うえだ まさつぐ) 医師


新潟県立がんセンター新潟病院
婦人科臨床部長
児玉 省二 (こだま しょうじ) 医師


信州大学医学部附属病院
副病院長
小西 郁生 (こにし いくお) 医師


北海道大学病院
婦人科教授
櫻木 範明 (さくらぎ のりあき) 医師


山王メディカルプラザ
副院長・女性腫瘍 内分泌センター長
清水 敬生 (しみず よしお) 医師


兵庫県立成人病センター
婦人科部長・研究部員
西村 隆一郎 (にしむら りゅういちろう) 医師


国立病院機構 四国がんセンター
手術部長
日浦 昌道 (ひうら まさみち) 医師


東北大学病院
婦人科教授
八重樫 伸生 (やえがし のぶお) 医師


筑波大学付属病院
臨床医学系 産婦人科教授
吉川 裕之 (よしかわ ひろゆき) 医師

スポンサードリンク

 <  前の記事 泌尿器がん(前立腺がん、腎臓がん、膀胱がん)  |  トップページ  |  次の記事 皮膚がん(表皮がん・悪性黒色腫)  > 

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 婦人科がん(子宮がん、卵巣がん):

» 熊本(卵巣癌名病院) 送信元 癌名医・名病院データベース
■ 熊本大学医学部附属病院 産科婦人科 【連絡先】 ℡096-344-2111 〒860-8556 熊本市本荘1丁目1番1号 【特徴】 ・手術が基本... [詳しくはこちら]

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴