Top >  全国のガンの専門病院の名医 >  泌尿器がん(前立腺がん、腎臓がん、膀胱がん)

スポンサードリンク

泌尿器がん(前立腺がん、腎臓がん、膀胱がん)

前立腺がん

前立腺がんの治療は、早期発見の場合外科手術で前立腺を摘出する手術をすればほぼ根治できます。診断装置の発達によって早期発見できるようになり、治療に専念できるようになりました。

前立腺がんは進行が遅いがんなので、がんで死にいたるには10年以上の時間がかかることもあります。高齢の患者さんの場合は手術しないでもいいケースもあるようです。

また放射線治療も進化しており、手術治療と同じくらい効果が上がってきています。

腎臓がん

腎臓がんは、医療技術の進歩によって早期発見ができるようになり、”腎臓温存手術”が積極的に行われるようになってきています。また内視鏡を使った手術方法も行われてきて、手術の傷口も小さく術後の負担が軽くなってきています。

膀胱がん

膀胱がんでは、化学療法と放射線治療を併用して使い膀胱を温存するような方向の治療が可能になっています。


海老原先生の推薦する全国のがん名医
<泌尿器がん>

静岡県立静岡がんセンター
院長
鳶巣 賢一 (とびす けんいち) 医師

香川大学医学部附属病院
泌尿器科教授
筧 善行 (かけい よしゆき) 医師

京都大学医学部附属病院
泌尿器科学助教授
賀本 敏行 (がもと としゆき) 医師

北海道大学病院
泌尿器科助教授
篠原 信雄 (しのはら のぶお) 医師

国立病院機構 四国がんセンター
病棟部長
住吉 義光 (すみよし よしてる) 医師

秋田大学医学部附属病院
泌尿器科教授
羽渕 友則 (はねぶち とものり) 医師

癌研究会 癌研有明病院
副院長
福井 巌 (ふくい いわお) 医師

大阪府立成人病センター
惨事・泌尿器科医長
前田 修 (まえだ おさむ) 医師

スポンサードリンク

 <  前の記事 肝胆膵がん (肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がん)  |  トップページ  |  次の記事 婦人科がん(子宮がん、卵巣がん)  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴