Top >  全国のガンの専門病院の名医 >  乳がん

スポンサードリンク

乳がん

乳がんは女性のガンの中で一番多いガンになりました。

乳がんの場合、手術による切除方法が基本にあり、従来はすべて切除する方法でしたが、現在診断技術の発達によって早期に発見できるようになり、乳房温存手術が受けられるようになっています。

80年代からは”胸筋温存手術”や”乳房部分切除”という筋肉や乳房を温存する手術が標準的になってきています。ガンの大きさが3センチ以下の場合は温存手術の対象となるようです。

最近の乳がんは、術前化学療法という手術の前に抗がん剤治療をするようになってきています。大きな腫瘍があっても術前に薬物治療を行って、切除する範囲を小さくする傾向にあるようです。


海老原先生の推薦する全国のがん名医

<乳がん>

国立がんセンター東病院
乳腺外科・乳腺科医長
井本 滋 (いもと しげる)先生


癌研究会 癌研有明病院
レディースセンター・乳腺科部長
霞 富士雄 (かすみ ふじお)先生

金沢大学医学部付属病院
手術部助教授
野口 昌邦 (のぐち まさくに)先生

圭友会 渡辺医院 浜松オンコロジーセンター
センター長
渡辺 亨 (わたなべ とおる)先生

スポンサードリンク

 <  前の記事 脳腫瘍(のうしゅよう)  |  トップページ  |  次の記事 肺がん  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴