Top >  全国のガンの専門病院の名医 >  頭頚部ガン(とうけいぶ)

スポンサードリンク

頭頚部ガン(とうけいぶ)

頭頚部ガン(とうけいぶガン)とは、口、のど、鼻などに発生するガンです。
口腔ガン、咽頭ガン、喉頭ガン、鼻腔・副鼻腔ガン、甲状腺ガン、唾液線ガン、など多くの種類のガンがあります。

早期発見が難しいとされてきましたが、CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(核磁気共鳴断層撮影)、超音波診断、PET(陽電子放射断層撮影)などの診断技術の発達によって、より早く発見ができるようになりました。

ミリ単位の細かな手術も可能になってきたことで生存率も上がってきてはいますが、五年生存率では4割の人が亡くなる現状です。

海老原先生の推薦する全国のがん名医
頭頚部がん


国立がんセンター中央病院
頭頚科医長
浅井昌大(あさいまさお)先生
大山和一郎(おおやまわいちろう)先生


静岡県立静岡がんセンター
頭頚科部長
鬼塚哲郎(おにつかてつろう)先生

国際医療福祉大学付属三田病院
頭頚部腫瘍センター長
鎌田信悦(かまたしんえつ)先生

癌研究会 癌研有明病院
頭頚科部長
川端一嘉(かわばたかずよし)先生

宮城県立がんセンター
副院長
西條 茂 (さいじょう しげる)先生

国立病院機構 九州がんセンター
頭頚科部長
富田 吉信 (とみた きちのぶ)先生

誠光会 草津総合病院
頭頚部外科センター長
永原 國彦 (ながはら くにひこ)先生

愛知県がんセンター中央病院
頭頚部外科部長
長谷川 泰久 (はせがわ やすひさ)先生

国立がんセンター東病院
頭頚科病棟医長
林 隆一 (はやし りゅういち)

大阪府立成人病センター
耳鼻咽喉科医長
藤井 隆 (ふじい たかし)

名古屋大学医学部付属病院
耳鼻咽喉科
藤本 保志 (ふじもと やすし)先生

宮城県立がんセンター
頭頚科診療科長
松浦 一登 (まつうら かずと)先生

群馬県立がんセンター
頭頚科外科第三部長
吉積 隆 (よしずみ たかし)先生

大阪府立成人病センター
耳鼻咽喉科部長
吉野 邦俊 (よしの くにとし)先生

スポンサードリンク

 <  前の記事 ”私ががんならこの医者に行く” 海老原 敏  |  トップページ  |  次の記事 脳腫瘍(のうしゅよう)  > 

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 頭頚部ガン(とうけいぶ):

» がん闘病、治療、療養、看護の仕方について 送信元 末期がんを超克服
不幸にして、がんにかかってしまったらどうすればいいか! [詳しくはこちら]

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴