Top >   膵臓がん >  膵がん細胞を狙い撃ち

スポンサードリンク

膵がん細胞を狙い撃ち

膵がん細胞を狙い撃ち

膵臓がんのがん細胞だけを狙い撃ちにできる、

治療法が開発されているようです。

マウスの実験での成功ということですので、

抗がん剤も有効利用ができて、

副作用を少なくすることが可能になるようです。

もう少し長生きしていれば、

膵臓がんになっても生き残れる可能性があるかもしれません。


膵がん細胞を狙い撃ち

<以下、記事の引用です>

膵がん細胞を狙い撃ち  2012年7月12日 20時07分  フコースという糖を利用し、抗がん剤を健康な細胞ではなく、がん細胞を狙って届ける膵臓がんの治療法を札幌医科大の加藤淳二教授(腫瘍内科)の研究グループが開発した。米オンライン科学誌プロスワンで12日発表した。  グループによると、薬の量や副作用を減らせる。マウスを使った実験で効果を確かめた。今後臨床試験を進める。  グループは、膵臓がんの細胞がフコースを活発に取り込むことに着目。抗がん剤を包むリポソームという脂質膜にフコースを結合させてマウスに投与し、がん細胞へ効果的に薬を運ぶことに成功した。  胃がんや大腸がん、胆道がんなどの治療にも応用できるという。 (共同)

スポンサードリンク

 <  前の記事 大腸がん、血液1滴で早期発見 診断に新手法  |  トップページ  |  次の記事 元ディープ・パープルのジョン・ロードが死去  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴