Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  抗ガン免疫作用のある健康食品 >  効ガン食品療法は代替療法からメインな療法へ

スポンサードリンク

効ガン食品療法は代替療法からメインな療法へ

ガンの三大療法は、ガンを治していません。現代医学はガンを克服できないでいます。

三大療法は外科的手術、抗ガン剤、放射線ですが、これでガンを治すことは難しいといえます。そればかりではなく、むしろガンを悪化させてしまっています。

手術をしても再発、転移が起こるのはあたりまえになっています。抗ガン剤でガン細胞は殺せても副作用がひどく続けることもできない人がほとんでです。放射線療法も正常な細胞までダメージを残してしまうありさまです。

ガンになったら死を覚悟しなければならないという状況は、ガン治療はまったく進歩していないといってもいいのではないでしょうか。

現状の病院は三大療法だけに執着している病院が少なくありません。特に効ガン食品による療法を軽視、無視している病院がほとんどです。

医療行為は保険診療の枠に縛られてしまっているため、保険診療の枠内で行えるガン治療法は、三大療法と補助的な療法に限られているからということも、大きな問題としてあります。そのため、日本の医療関係者は全体ではいまだに代替療法に積極的ではないのです。

しかし現在は代替療法として、効ガン食品に注目して活用している医師が急激に増えはじめてきました。ガン代替療法を科学的に医学的にしっかり研究して普及させようと、活発な活動が展開されはじめました。

ガン治療の世界でこのような変化が起こってきているのは、ガンという病気への見方が変化したためです。ガンと免疫との関係が解明されはじめたのです。

ガンは免疫力が低下している時に増殖して腫瘍へ成長することや、健康体の人であっても、常に千単位のガン細胞が散在している点などです。

三大療法によって身体にダメージを受けたときに、人の身体の生命力、免疫力は大幅に低下してしまうため、取り残された腫瘍や身体に散在しているガン細胞の増殖が野放しになってしうことは、再発、転移につながっているのです。

ガンの治療に、免疫力を低下させてはいけないという理由で、効ガン食品を活用したガンの治療に注目が集まっています。

効ガン食品によって生命力、免疫力を十分に高めていければ、ガンは治る病気になるのです。実際に効ガン食品を活用した場合は、ガンの治療、改善率はきわめて高くなります。これは実証されている事実なのです。

ガンは治療法を間違えなければ、治る病気になるのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 アトポーシス促進作用の効ガン食品  |  トップページ  |  次の記事 ガンの三大療法は身体に深刻なダメージを与えてしまう。  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴