Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  抗ガン免疫作用のある健康食品 >  アトポーシス促進作用の効ガン食品

スポンサードリンク

アトポーシス促進作用の効ガン食品

免疫力を高めて行けば、ガン細胞は白血球のグループによって破壊されていきます。

その時に、白血球以外に、アトポーシス効果が促進されていけば、ガン細胞は自ら自滅していくことになり、ガン細胞との戦いに勝てることになります。

人間の細胞は、脳細胞などの一部の特殊な細胞を除いて、一定の時間の間に役目を終えるとアトポーシスにいたり、細胞自ら死滅していくことで新しい細胞と入れ替わっていきます。

しかしガン細胞は、アトポーシスという効果がおこりません。正常な細胞のように何らかの役目を担う能力がありませんし、いまでも廻りに迷惑をかけて消えることなく増殖をくりかえしていきます。

ガン細胞は無限に増殖するのが役目なのです。

このガン細胞にアトポーシス効果を誘発できれば、また増殖することを止めさせることができれば、ガンに勝てるはずです。

そのアトポーシスを誘発させる物質が、もずくに含まれる《フコイダン》です。

この《フコイダン》に触れたガン細胞は、白血球の作用を受けなくても死滅に向かっていくのが確認されました。

ガン細胞を自殺に誘導してくれる物質、《フコイダン》は効ガン食品のエースとなる可能性があるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 効ガン食品の種類は!  |  トップページ  |  次の記事 効ガン食品療法は代替療法からメインな療法へ  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴