Top >  食道がん >  サラリーマンに迫る“食道がん”の恐怖…原発所長も戦線離脱

スポンサードリンク

サラリーマンに迫る“食道がん”の恐怖…原発所長も戦線離脱


サラリーマンに迫る“食道がん”の恐怖…原発所長も戦線離脱

食道がんの記事がありましたのでシェアします。

(1)食べ物が詰まる (2)発熱や痰を伴わない空咳 (3)みぞおちがしくしく痛む (4)胸の圧迫感 (5)食道の違和感 (6)恒常的な胸焼け (7)風邪をひいていないのに声がかれる

上記の症状に気が付いたら即検査しなければいけませんね。

手術は難しく可能なかぎり早期発見が治る可能性をアップさせます。

50~60代が発症のピークとのこと!

たばこ、お酒をたしなむ方はとくに気をつけていかなければなりませんね!


サラリーマンに迫る“食道がん”の恐怖…原発所長も戦線離脱

<以下、記事の引用です>

サラリーマンに迫る“食道がん”の恐怖…原発所長も戦線離脱 2011.12.12

福島第1原発内で報道陣の質問に答える吉田前所長(右から2人目)。事故発生以降の重圧は計り知れない(代表撮影)【拡大】

 病状が食道がんだった東京電力福島第1原発の吉田昌郎前所長(56)。3月11日の震災直後から第一線で指揮に当たってきた吉田氏だけに、放射線の影響を懸念する声が挙がっていたが、専門家によると関連性は極めて低いという。原因としては、主に喫煙や飲酒などの食生活やストレスなどと関係があり、発症は50~60代がピーク。思い当たる同世代のサラリーマンは注意が必要だ。

 震災による爆発事故以降、高い放射線を浴び続ける環境にいた吉田氏。放射線と食道がんとの関係に注目が集まるが、がん免疫治療が専門の「ヨシダ・クリニック」(東京・中央区)の総院長、吉田憲史医師は「被曝に直接かかわる疾患としては、甲状腺がんがありますが、今回(の食道がん)は直接の関係はないとみていいでしょう」と説明する。

 ただ、吉田医師は「ストレスが病気を悪化させる要因になった可能性はあります。事故現場で長く指揮に当たったことが、病気の進行を加速させたことは医学的に推定できる」とも指摘。原発事故の収束に尽力したことが、吉田氏の身体を蝕んだ可能性はある。

 気になるのはこの病気の特徴と症状だ。

 「50~60代に多く、60代過ぎが発症のピーク。長い飲酒や喫煙習慣がリスク要因になっており、食道を刺激するのも発症のリスクを高める。極端に熱いものや冷たいものを食べ過ぎるのは避けたほうがいい」(吉田医師)

 同医師によると、病気が疑われる兆候には、(1)食べ物が詰まる(2)発熱や痰を伴わない空咳(3)みぞおちがしくしく痛む(4)胸の圧迫感(5)食道の違和感(6)恒常的な胸焼け(7)風邪をひいていないのに声がかれる-といったものが挙げられるという。

 厄介なのが手術の難しさだ。

 医師でジャーナリストの富家孝氏は、「心臓や肺などの器官に近い部位であるため、胸と脇を大きく切開しなければなりません。外科手術の中でも、かなり高い技術を要求されます。再発リスクが高く、進行も早い。末期であれば1年以内に亡くなるケースもあります」と説明する。

 ただ、早期であれば胃カメラ(内視鏡)で食道内部からの切除が可能で、抗がん剤と放射線治療を組み合わせる治療法も確立されている。

 前出の吉田医師も「検診で発見されるケースが圧倒的に多い。年に一度は胃カメラ検診を受けることを強くお薦めします」と呼びかけている。

■食道がんの主な兆候
(1)食べ物が詰まる
(2)発熱や痰を伴わない空咳
(3)みぞおちがしくしく痛む
(4)胸の圧迫感
(5)食道の違和感
(6)恒常的な胸焼け
(7)風邪をひいていないのに声がかれる

スポンサードリンク

 <  前の記事 杉原輝雄氏が前立腺がんで死去  |  トップページ  |  次の記事 思春期に牛乳を毎日飲むと前立腺がんリスク3倍に  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴