Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  前立腺がん >  若ハゲ男性は前立腺がんのリスクも高いことが判明

スポンサードリンク

若ハゲ男性は前立腺がんのリスクも高いことが判明


若ハゲ男性は前立腺がんのリスクも高いことが判明

20代からの薄毛の人は要注意との子とです。

しかし、以前のニュースでは真逆のことが載っていました。

テストステロンの分泌が活発な若ハゲの人はがんにかかりにくい

まったく逆のお話ですよね。

矛盾しています。

若ハゲ男性は前立腺がんのリスクも高いことが判明

<以下、記事の引用です>

若ハゲ男性は前立腺がんのリスクも高いことが判明 [ 2011/02/17 ] 3リツイート

・抜け毛・薄毛が気になり始めた方への医療用かつら


若ハゲ男性は前立腺がんのリスクも高い、という衝撃的な研究結果がフランスのチームによって公表されました。

image from Horia Varlan

ロイターやBloomberg Businessweekによると、研究は前立腺がんの患者388人とそうでない健康な男性281人の薄毛の状態を調べたもの。20代から薄毛になったという男性は、健康な男性に比べ前立腺がん患者の方が倍の数にのぼったそうです。30代、40代ではそのような差異はなかったとのことで、20代からの薄毛は前立腺がんのリスクを見分けるファクターに成りうるのではないかとのこと。この研究はOxford Journalsの“Annals of Oncology”に掲載されました。

若ハゲに悩む男性に追い打ちをかけるこの研究結果は今後さらなる研究が必要とのことです。男性ホルモンが薄毛や前立腺がんと関連があるということは知られていますが、どちらも男性にとって重要な問題だけに早期解明が望まれます。20代から抜け毛が増えた、という方は定期検査や早めの対策を検討する必要がありそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 13年前に余命6週間宣告も回復、治療の効果でがんからすっかり立ち直る。  |  トップページ  |  次の記事 ザ・特集:ぴんころ地蔵、ポックリ大師、ころり観音...なぜ「PPK」ブーム?  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴