Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンの製品について >  低分子フコイダンへの疑問!

スポンサードリンク

低分子フコイダンへの疑問!


超低分子フコイダンのお話を以前にも取り上げています。
分子量が小さければ小さいほど吸収率がいいという理由で、ガンを克服したといううたい文句を上げていますが、調べたところによると、これは大きな疑問の残るところのようです。

フコイダンがガン細胞のアトポーシス効果で関心を集めていることは事実で、試験管や動物試験のレベルでガン腫瘍を消滅、壊死させることは研究で明らかになっています。

しかし多糖体成分であるフコイダンを低分子化すれば、吸収はたしかに改善されるが、アトポーシス効果などの免疫効果は逆に低下してしまうということを、動物実験で証されたとも言われています。

どちらが本当なのでしょうか?

分子量が約500まで超低分子化されたものが、従来のフコイダンと同様の作用が期待できるかどうかには大きな疑問が残ります。

医療現場での使用実績についてもごく少数の医師の結果であって、まだまだ臨床例の積み重ねが必要と言われているようです。

もう少し低分子化したフコイダンが研究され、十分な研究成果が得られるまでは、基礎研究がしっかりとされていて結果のでている今までのフコイダンの健康食品の使用が望ましいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン製品の飲み方は?  |  トップページ  |  次の記事 ガン予防に効果のある食品とは!  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴