Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンの製品について >  フコイダンはなぜ低分子フコイダンがいいのか?

スポンサードリンク

フコイダンはなぜ低分子フコイダンがいいのか?

フコイダンは多粘性の多糖類という構造で、いくつもの糖類が絡み合って複雑な状態で存在しています。

フコイダンの分子の大きさはひとつひとつが高分子でとても大きく20万個を超える高分子の状態なのです。それがフコイダンです。

人間は胃で食物を溶かして腸で吸収できる大きさにまで小さくしますが、分子の大きさでいうと3000〜4000個です。
その3000〜4000個の分子の大きさでも吸収されるのは全体の5%程度です。残りは吸収されずに排出されてしまいます。

ということは、高分子のフコイダンは体内では吸収することが難しいということになります。
ではどうすれば吸収してくれるようになるのか?
高分子のフコイダンから小さな低分子のフコイダンへ変えてあげれば腸で吸収してくれるようになる訳です。

フコイダンは低分子のフコイダンがいいと言われる理由が、この吸収しやすいという理由からです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン製品は液体と錠剤、どちらがいいのか?  |  トップページ  |  次の記事 ガンを予防する12の方法  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴