Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンの製品について >  フコイダン製品は液体と錠剤、どちらがいいのか?

スポンサードリンク

フコイダン製品は液体と錠剤、どちらがいいのか?

フコイダンの製品はたくさん出回っていますが、錠剤や粉末製品、顆粒状態のものなど固形物質になっているものがあります。

原料のもずくからフコイダンを取り出して、製品にしていく過程で液体状のぬるぬるしたものを乾燥した原料にしなければ加工できません。

熱や圧力を加えて液体の状態から粉末の状態にするわけですから、フコイダンの有効成分が傷つけられ不活性化する恐れもあります。

さらに粉末から錠剤にするには、固めるための材料を混ぜなければ固まりません。フコイダン以外のいろんな混ぜ物がたくさん入ってしまいます。

液体の製品はその点、加工などが極力少なくてすむのでフコイダンの有効成分が活性化された状態で入っている点で優れています。

そして液体のため、人間の体の中で吸収されやすくなります。
固形物よりも圧倒的に吸収率がよく、早く効果が現れてくれる期待が出来ます。

効果的にフコイダンの栄養素を吸収するのは、液体の製品の方が優れている訳です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの含有量が多いもずくは!  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンはなぜ低分子フコイダンがいいのか?  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴