Top >  .乳がん >  悪性乳がん細胞が消失=人工ペプチドで免疫活性化-北海道大など

スポンサードリンク

悪性乳がん細胞が消失=人工ペプチドで免疫活性化-北海道大など

悪性乳がん細胞が消失=人工ペプチドで免疫活性化-北海道大など

悪性乳がんに効果がある免疫療法が開発できそうです。

臨床実験で成功して確認できたとのことですので、

大いに期待できる治療法になると思われます。

抗がん剤治療とは違って重い副作用も見られないことから、

期待される免疫療法になる可能性が高いですね。

悪性乳がん細胞が消失=人工ペプチドで免疫活性化-北海道大など

<以下、記事の引用です>


悪性乳がん細胞が消失=人工ペプチドで免疫活性化-北海道大など

 北海道大遺伝子病制御研究所の西村孝司教授(免疫学)らの研究グループは17日、アミノ酸を結合させた人工ペプチドをがん患者に投与し、がんに対する免疫力を高める治療法の有効性を臨床研究で確認したと発表した。

悪性の乳がん細胞が消失する効果も表れたといい、22日から神戸市で開催される「第14回国際免疫学会議」で発表する。

 研究グループは、アミノ酸40個を結合させた人工ハイブリッドペプチド「H/K-HELP」を開発。従来のペプチドワクチンによる治療では、がん細胞を直接攻撃する「キラーT細胞」を活性化させることが中心だったが、H/K-HELPは、ほかの免疫細胞の機能を促進する「ヘルパーT細胞」も同時に活性化させる働きがあるという。

これを患者に投与したところ、6人のうち4人に、がんに対する免疫力を示す数値の上昇が確認され、重い副作用はなかった。

 また、共同研究者の奥野清隆近畿大医学部教授によると、再発で化学療法や放射線治療が効かなくなった悪性の乳がんの患者1人に投与した結果、CT画像で腫瘍(しゅよう)が完全に消失したことが確認された。(2010/08/17-13:35)

スポンサードリンク

 <  前の記事 海外技術/欧州がん研など、食中毒菌ががん攻撃する免疫反応誘導を確認  |  トップページ  |  次の記事 Dr.中川のがんから死生をみつめる:/70 「飲むと赤くなる人」要注意  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴