Top >  大腸がん >  大腸がん、血液1滴で早期発見 診断に新手法

スポンサードリンク

大腸がん、血液1滴で早期発見 診断に新手法


大腸がん、血液1滴で早期発見 診断に新手法

新しい検査方法が発見されました!

血液を1滴検査するだけで大腸がんかどうか判明するというもの。

これが一般の健康診断で使用されるようになれば、

辛くて大変な下からの内視鏡の検査はしなくてすみますね。

画期的な新発見、すぐに普及させて欲しいものです。


大腸がん、血液1滴で早期発見 診断に新手法

<以下、記事の引用です>

大腸がん、血液1滴で早期発見 診断に新手法

 1滴の血液から大腸がんを早期に発見する方法を、神戸大大学院の吉田優准教授(消化器内科学)が発見し、12日発表した。

 吉田准教授は「従来の血液検査より正確に診断できる。大腸がん以外の病気の診断にも応用できる」と話している。今後、医療メーカーと連携し実用化を目指す。

 吉田准教授によると、「メタボロミクス」と呼ばれる代謝物質の解析法で、大腸がん患者の血液中に多いアスパラギン酸など4種類を数式化。この数式に採取した血液のデータを当てはめると、大腸がんにかかった確率や進行の度合いが分かる。

2012/07/12 19:48 【共同通信】

スポンサードリンク

 <  前の記事 クローズアップ2012:胆管がん、発症拡大 有機溶剤、甘い規制 毎日新聞 2012年07月11日 東京朝刊  |  トップページ  |  次の記事 膵がん細胞を狙い撃ち  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴