Top >  大腸がん >  ステージ4 がんと生きる 池田省三 <告知>「やっぱり…」眠れた夜

スポンサードリンク

ステージ4 がんと生きる 池田省三 <告知>「やっぱり…」眠れた夜


ステージ4 がんと生きる 池田省三 <告知>「やっぱり…」眠れた夜

トイレがうまく出来なくなったら注意しなくてはいけませんね!

1年ほっておいて検査したところステージ4の大腸がん。

合併症が出てしまうと3ヵ月!

抗がん剤が効かなければ半年!

効いても一年!

辛い診断を聞いてもショックを受けないような精神的なタフさは必要ですね。

人生の終わり方は難しい!

ステージ4 がんと生きる 池田省三 <告知>「やっぱり…」眠れた夜


<以下、記事の引用です>

ステージ4 がんと生きる 池田省三 <告知>「やっぱり…」眠れた夜 2012年4月21日


 自覚症状はあった。排せつがうまくできない。一昨年九月ごろだった。以前、痔(じ)の手術をしたことがあり、「取り残した痔の影響では」と思っていた。翌十月に病院で診てもらったら、「精密検査をしましょう」。ただ、その予約は二カ月以上も先だった。
 医療に詳しい友人と一杯やっている時だった。私には、大腸がんで早世した友人がいるが、「彼の症状と似ているような気がする」と話した。すると、「それはまずくないか」と、別の病院に連絡してくれて、十一月一日に緊急に検査。CT(コンピューター断層撮影装置)で調べると、大腸がんが発覚した。肺や肝臓への遠隔転移も見つかり「ステージ4」と告げられた。ステージ5はない。それは「死」。即座に入院、手術となった。
 がんの告知はショックではなかった。むしろ、「がんじゃないか」とモヤモヤしていたが、それがはっきりしたことで「やっぱり」と妙に納得。その夜、とてもよく眠れたことを覚えている。
 がんの最大の問題は、進行の速度だ。自覚症状は急激に悪化していたので、最初の病院で精検までの二カ月以上を待っていたら、本当に手遅れだったかもしれない。別の病院で診てもらえたことは幸運。患部の問題で、人工肛門を付けずに済んだこともうれしかった。
 ただ、手術後の診断は「合併症が出れば、三カ月の命。抗がん剤が効かなければ半年。効いても一年」。担当医から直接は聞かなかったが、後に家族からそう聞いた。
 人間の致死率は100%。死そのものは、不当でも不幸でもないと納得していたが、介護保険をライフワークとしている者として、残したいものがたくさんあった。そこで、研究生活の集大成を一冊の本にまとめることにした。何せ時間がない。病院のベッドの上で執筆を開始。校正も同時進行だった。
 私が死ぬ、という前提で友人、知人が動き回り、本づくりは驚くほどの速さで進んだ。翌年(二〇一一年)二月二十八日に「介護保険論」(中央法規)の出版記念パーティーが予定された。場合によっては、私を追悼する会に変えることも考えられていたようだ。
 手術から一年五カ月。私は、抗がん剤の副作用で体に不具合が出たりしているが、それでもまだ生きている。その理由の一つは抗がん剤が予想以上に効いたこと。そして、勤務していた大学を辞め、さまざまなストレスから解放されたことが大きい。それで、免疫力が上がったように感じている。
 がんになる前は、死は向こうから忍び寄ってくるものと思っていた。だが、がんと分かってからは、こちらから死に向かって行くものなのだ、と認識が変わった。
 日本人は、三人に一人ががんで亡くなる。その中でも、大腸がんが目立って増えている。今後、私の症状がどう変わっていくかは、分からない。抗がん剤がいつ効かなくなるかもしれない。だが、残されている時間に、私の体験をお伝えしたいと思う。それが、がん患者や家族の方々に役立つことを信じて。
       ◇
 介護保険の専門家として知られる、龍谷大(大津市)の池田省三名誉教授が大腸がんを患った。五年後の生存率は10%とされるステージ4。手術と抗がん剤による治療を受けている池田氏の日常生活をつづる「ステージ4 がんと生きる」は随時、掲載します。
  (構成・鈴木伸幸)

スポンサードリンク

 <  前の記事 がんの約6分の1は感染症に起因、研究成果  |  トップページ  |  次の記事 米「ディスコの女王」、ドナ・サマーさん死去 63歳  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴