Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンと癌の関係は >  ガンの三大療法は身体に深刻なダメージを与えてしまう。

スポンサードリンク

ガンの三大療法は身体に深刻なダメージを与えてしまう。

ガンは全身性の疾患であるがゆえに、免疫力の低下した状態において始まります。

病気には必ず原因あります。
ガンにも原因があり、それは身体の免疫力が低下したことが原因といわれます。

ガンの三大療法はその免疫力をもっと低下させてしまうという治療法でしたので、非常に矛盾した治療法でもあったのです。

抗ガン剤の副作用は、一般的に脱毛や食欲不振、全身の倦怠感などがありますが、これらは人の免疫力や生命力の低下を示しています。別の副作用では、ウツ病や肺繊維症、敗血症、心筋梗塞、狭心症などの誘発もあります。

このような深刻な副作用があるにもかわらず、そして治療効果があらわれる確率が低いのに次から次へ使われてきました。

効ガン食品を使用した場合、ガンの治癒、改善率はきわめて高くなります。腫瘍そのものが無くならない場合でも、全身状態が改善して、苦痛も軽くなり、余命何ヶ月といわれた人でもかなり長く生きられるのです。

これは、三大療法では無視してきた免疫力を、効ガン食品では免疫力をアップして回復し増強してくれるからにほかなりません。

免疫力、生命力を十分高めることができれば、ガンは回復に向かってくれるということがわかってきたのです。ガンは治療法を間違えなければ、治ってくれる病気になりはじめました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 効ガン食品療法は代替療法からメインな療法へ  |  トップページ  |  次の記事 ガンの三大療法は身体に深刻なダメージを与えてしまう。  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴