Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンと癌の関係は >  アトポーシスのメカニズム

スポンサードリンク

アトポーシスのメカニズム

フコイダンのアトポーシスメカニズムの研究でわかっていることをまとめてみます。

アトポーシス関連の因子によって、ガン細胞の自殺スイッチが押されてDNA合成を阻害してアトポーシスを誘導すること。

NK細胞やT細胞から放出されるパーフォリンがガン細胞の細胞膜を破壊して、ガン細胞を死滅させます。

T細胞から放出されるグランザイムによってもガン遺伝子が破壊されてアトポーシスを誘導します。

フコイダンは、ガン細胞内のタンパク質分解酵素群を活性化してくれ、ガン細胞をアトポーシスに導いてくれます。

こんなことがわかってきているようです。

フコイダンがアトポーシス誘導に直接作用しているのか、それともNK細胞を活性化させる間接作用なのか、またはその両方なのかはまだわかっていません。

まだまだ不明な部分は多いのですが、フコイダンがガン細胞を自殺に導いてくれるのは確実のようですので、これからの研究が待たれます。

フコイダンがガンに対する特効薬のような存在になってくれれば、本当に素晴らしいことになるので期待しましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン代替療法とは  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは免疫力にどう作用するか。その一  > 

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: アトポーシスのメカニズム:

» 福岡県春日市 女性66歳 送信元 ブログ-US24's BLOG-朱雀専門ウェブショップ US24
コレステロールが高い為、薬と他社の色々な健康食品と飲んでたけど全然下がらなかったのが、7ヶ月ほど前より朱雀を飲用してから下がりました。これからも健康維持の... [詳しくはこちら]

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴