Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンと癌の関係は >  フコイダンのガン細胞を死滅させるメカニズム

スポンサードリンク

フコイダンのガン細胞を死滅させるメカニズム

細胞がガン化してしまうのは、正常な細胞が何らかの原因で変異してしまったからです。

通常ならアトポーシス効果が働いて正常な細胞のときと同じように自滅していくはずです。

ところが、ガン化した細胞はこのアトポーシス効果のシステムが狂ってしまっていますので自滅していきません。

正常な細胞には寿命がありますが、ガン化してしまった細胞には寿命はありません。どんどん分裂を繰り返して増殖を繰り返し、永遠に生き続けます。

そしてリンパ節や血管を通って身体中に広がっていき、転移していきます。
転移した場所が多い場合や、手術で取り去ることが不可能な場合は治療することが難しくなってきます。

手術でガン細胞を取りさってしまっても、たった一つの細胞が残っていれば再び増殖をはじめて、転移を繰り返して再発してしまいます。

このガン細胞のメカニズムをアトポーシスによって死滅させてくれるのが、フコイダンの効果です。

それも正常細胞にはアトポーシスをせずに、ガン細胞だけをアトポーシスしてくれるという効果があります。

いままでのガン治療は、1.手術によってガンを取り除く、2.抗ガン剤でガン細胞を叩く、3.放射線でガン細胞をねらい撃ちする、の三つの療法でガン細胞を殺すことでしたが、正常細胞まで傷つけてしまうため、副作用がひどく出てしまっていました。

フコイダンはガン細胞だけを自殺においこむという、アトポーシス誘導作用は副作用のデメリットがいっさいないのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのアトポーシス効果の詳細 その一  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの粘膜免疫を活性化させる働きとは。  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴