Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンと癌の関係は >  フコイダンのアトポーシス効果の詳細 その一

スポンサードリンク

フコイダンのアトポーシス効果の詳細 その一

細胞の死に方には二つの死に方があります。
一つはネクローシスといって、細胞が傷付いたことによって死んでいくもので、病的な細胞死のことをいいます。細菌感染などの外的な要因によって死んでいく場合ですので、細胞膜が崩壊をおこし、発熱や炎症を引き起こします。

もう一つはアトポーシスといいます。
これは細胞の核が縮小して、小さくなり最後はバラバラになって食細胞に飲み込まれて処理される死に方です。このため周囲の細胞には炎症などのダメージは与えない死に方です。

このアトポーシスは、細胞それぞれのDNAに書かれた遺伝子プログラムよって、決められた仕組みとなっています。そしてウィルスや代謝拮抗薬などの薬物、NK細胞やキラーT細胞との接触によってプログラムのスイッチがおされて、アトポーシスが誘導されると考えられています。

つまり細胞の自殺は自然な現象であり、そして重要な現象でもあるのです。

オタマジャクシがカエルになるときにしっぽが消滅するのは、アトポーシスによっておきた現象ということになります。

人間の身体のなかでは毎日のようにアトポーシスが起きていて、普通は老化が原因で不必要になった細胞を身体から取り除くために起こります。


スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの動物実験の結果!  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのガン細胞を死滅させるメカニズム  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴