Top >  最新のがん治療について >  県済生会病院:最新がん治療機導入 複雑な患部にも効果--8月から運用予定 /福井

スポンサードリンク

県済生会病院:最新がん治療機導入 複雑な患部にも効果--8月から運用予定 /福井

県済生会病院:最新がん治療機導入 複雑な患部にも効果--8月から運用予定 /福井

福井市の県済生会病院が放射線照射装置<トモセラピー>を導入とのことです。

体の周りを回転しながら放射線を均一に照射できる装置で、全国で14台目の設置。

北陸では最初の導入になるようです。

この最新がん治療機が活躍してくれることを祈ります。


県済生会病院:最新がん治療機導入 複雑な患部にも効果--8月から運用予定 /福井
<以下、記事の引用です>

県済生会病院:最新がん治療機導入 複雑な患部にも効果--8月から運用予定 /福井

 がん腫瘍(しゅよう)にピンポイントで放射線を照射する最新の治療機器「トモセラピー」を福井市和田中町の県済生会病院が導入し、3日公開された。がん患部の位置を正確に割り出せるため、複雑な形のがんに対しても効果が期待できるという。同病院によると、同機器の導入は全国で14台目で、北陸では初めて。

 また、新しい機器は放射線の照射口が体の周りを回転して全方向からの照射が可能で、一度に複数個所の治療ができ、転移したがんの治療にも効果的だという。性能などの最終確認をして、8月から正式運用される予定。【幸長由子】


スポンサードリンク

 <  前の記事 ピロリ菌 胃がん発生率5~10倍  |  トップページ  |  次の記事 中外製薬、「Herceptin」のHER2陽性胃がんにおける有意な延命効果を確認  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴