Top >  最新のがん治療について >  貝のコハク酸にがん抑制効果

スポンサードリンク

貝のコハク酸にがん抑制効果

貝のコハク酸にがん抑制効果

貝のコハク酸にがん抑制効果 '09/5/21

身近な良く知られたうまみ成分ががんの特効薬になるかもしれませんね。

増殖を抑制する力もかなりの強さになるとのこと。

これは大きな発見ですね。

さらなる発展が非常に楽しみな研究成果です。


貝のコハク酸にがん抑制効果 '09/5/21貝のコハク酸にがん抑制効果 '09/5/21
<以下、記事の引用です>


貝類や清酒のうまみ成分のコハク酸が、大腸がんと胃がんのがん細胞の増殖を抑制することを、広島大大学院生物圏科学研究科の加藤範久教授(57)=分子栄養学=らの研究グループが発見した。日常に近い摂取量で効果が得られることから、新薬のほか、広島名産のカキや清酒を使った新しい機能性食品につながる可能性がある。

 研究グループはまず、ラットにポリフェノールを摂取させると、大腸内のコハク酸の濃度が高まることを見いだした。その作用の応用実験で、大腸内のコハク酸の濃度が20ミリモルになると大腸がん細胞の増殖が約50%減ることがわかった。胃がん細胞でも増殖抑制効果を確認した。

 加藤教授は「がんの増殖抑制に、身近なコハク酸が有効なことが明らかになった意味は大きい。別の疾患への作用もありそうだ」と説明。今後、ヒトへの応用が期待される。研究成果は21日、長崎市である「日本栄養・食糧学会」で発表される。


スポンサードリンク

 <  前の記事 すい臓がんのP・スウェイジ「死亡説」  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン肝がん抑制 長嶺群馬大教授が初解明  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴