Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンと癌の関係は >  ガンを予防する12の方法 第9条

スポンサードリンク

ガンを予防する12の方法 第9条

ガンにならないための12の方法
第9条
ガンにならないためにカビの生えたものは食べない。

カビの生えたものは食べてはいけません。
東洋系の人が肝臓ガンが多いのですが、その原因としてB型肝炎ウィルスなどのほかにカビが関わっている可能性もあるといわれています。

恐ろしいのは、ピーナツやトウモロコシに発生するカビの一種が作り出す「アフラトキシン」という物質は、地球上でもっとも強い発がん物質の一つであるとされている事がわかってみました。

食品の保存方法は十分注意して、冷凍、冷蔵など適切な方法で保存する必要があります。冷凍、冷蔵を過信してはいけません。調理の前には冷蔵してあっても食品を検査する必要があります。

カビの生えた食品として有名なものにチーズがありますが、意図的にカビを利用している食物については、発ガンの心配はまったくないので大丈夫なのです。

しかし同じチーズでも、カビを使って製造していない日本製のプロセスチーズはカビを使って製造していないため、もしプロセスチーズにカビが生えていたら食べてはいけません。これは痛んでいます。

カビの生えないように食品はなるべく早く食べるようにした方がいいのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ガンを予防る12の方法 8  |  トップページ  |  次の記事 ガンを予防する12の方法 第10条  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴