Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンと癌の関係は >  ガンを予防する12の方法 第11条

スポンサードリンク

ガンを予防する12の方法 第11条

スポーツでストレス解消!

疲労とストレスは病気の元になります。
疲労が溜まってしまうと、披露が慢性化してしまいますし、気分が憂鬱になってきてストレスにもつながってきます。

このストレスが長く続く場合は、いろいろな体の生理機能が低下してしまい、病気にかかりやすくなってきます。
その結果、ガンに対してもストレスのない人よりはガンにかかりやすくなってしまいます。

動物実験で発がん物質を与えた時に、発ガン物質だけの場合と、発がん物質と高温にしたりフラッシュをたいたりしてストレスを一緒に与えた場合は、ストレスがある場合の方がガンの発生率は高くなったという結果が出ています。

また疲労によって生じた化学物質は、ねずみの腫瘍が大きくなったという報告があります。

疲労とストレスはガンに対しては要注意といえますね。
疲労を溜めないように、また気分転換も兼ねて、適度なスポーツをするなどして、健康な生活をしていくことが必要です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ガンを予防する12の方法 第10条  |  トップページ  |  次の記事 ガンを予防する12の方法 第12条  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴