Top >  0がんを克服する人達 >  0・なかにし 礼 >  食道がん克服!なかにし礼氏、10月から仕事復帰

スポンサードリンク

食道がん克服!なかにし礼氏、10月から仕事復帰


食道がん克服!なかにし礼氏、10月から仕事復帰

なかにし礼さんが仕事に復帰できるようです。

10月からワイドスクランブルへ月曜日、週一回、出演するとのこと。

手術という手段をとらずに、放射線治療の一種「陽子線治療」で、

治療効果によってがんを消滅させることが出来た!戸のことです。

恐るべし!<「陽子線治療」>


食道がんの治療法や体験談を世に広めて欲しいと思います。

応援しています!!

食道がん克服!なかにし礼氏、10月から仕事復帰

<以下、記事の引用です>


食道がん克服!なかにし礼氏、10月から仕事復帰

がんを克服し10月からコメンテーターに復帰することが分かったなかにし礼氏
Photo By スポニチ
 今年3月に食道がんを告白していた作詞家で直木賞作家のなかにし礼氏(74)が、がんを克服し、10月1日からテレビ朝日「ワイド!スクランブル」(月~金曜前11・25)のコメンテーターに復帰することが9日、分かった。生出演した3月5日の同番組で、休養し治療に専念することを明かしていた。闘病前と変わらず、月曜日に週1回登場する。

 お茶の間に衝撃を与えた食道がん生告白から半年。なかにし氏は番組側が降板扱いとはせず、復帰を待っていたコメンテーター席に戻る。関係者は本紙に「8月23日にがんが完全に消滅したという結果を聞いたそうです」と明かした。がんの進行の程度をなかにし氏は「初期の段階よりもちょっと進んでいる」としていただけに、その後が心配されていた。

 なかにし氏は27歳と54歳の時に心筋梗塞を患っているため、手術に不安があった。今年7月に発売した著書「人生の教科書」(ワニブックス)では「現在の日本における“切らずに治すがん治療”の全知全能にかけてみようと決心した」と告白。関係者によると、放射線治療の一種「陽子線治療」を見つけ、その治療効果で克服したという。

 「ワイド!スクランブル」では01年11月からレギュラー。文化や芸能のほか、事件や政治について鋭いながら温かい気持ちをうかがわせるコメントが好評だった。闘病に入る前、復帰について「新しい試練として、何とか克服できて元気な自分に戻ったら」と語っていただけに、多くの視聴者から温かく迎えられそうだ。

 これまでに、北原ミレイ(64)の「石狩挽歌」(75年)、細川たかし(62)の「北酒場」(82年)、故石原裕次郎さんの「わが人生に悔いなし」(87年)など多数のヒット曲で人生を描いてきたなかにし氏。今後の活動がますます楽しみとなる。

 ◆なかにし 礼(なかにし・れい、本名中西禮三=れいぞう)。1938年(昭13)9月2日、旧満州(現中国東北部)生まれ。シャンソンの訳詞を手がけていた立大時代に故石原裕次郎さんに勧められ作詞家になり、約4000曲を作詞。00年に小説「長崎ぶらぶら節」で直木賞受賞。妻は女優いしだあゆみ(64)の妹で元歌手の石田ゆり(60)。
[ 2012年9月10日 06:00 ]

スポンサードリンク

 <  前の記事  胆管がん:「発症悔しい」労災申請の男性が初会見 三重  |  トップページ  |  次の記事 胆管がん予防へセミナー  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴