Top >  0がんを克服する人達 >  9.マイケル・ダグラス >  がん闘病中のマイケル・ダグラスが支援に感謝

スポンサードリンク

がん闘病中のマイケル・ダグラスが支援に感謝


がん闘病中のマイケル・ダグラスが支援に感謝

放射線治療中のマイケル・ダグラスさんの近況です。

治療プログラムは進行中のようです。

早く元気になってくれることを祈りますね。


がん闘病中のマイケル・ダグラスが支援に感謝

<以下、記事の引用です>

がん闘病中のマイケル・ダグラスが支援に感謝 2010年9月21日 17:12 コメントを読む(0) / コメントを書く 「ウォール・ストリート」は今週末米公開 写真:アフロ [拡大画像] [映画.com ニュース] がん闘病中のマイケル・ダグラスが9月19日、間もなく米公開を迎える主演作「ウォール・ストリート」の会見で、米ピープル誌に治療の経過などを語った。

「治療プログラムの真っ最中で、うまく行っているよ。今はすごく楽観的で、希望を持っている状態なんだ」と前向きな発言。そして、「家族にとても助けられている。誰にでもできることばかりじゃないんだ。プログラムはやらなきゃならないことだけど、そこからがんやがんを克服した人々について学ぶことができ、自分が周囲からあふれるほどの支援を受けていることを知る。本当に素晴らしいことだよ」と周囲の人々に感謝した。

8月にのどにがんが見つかったダグラスは、集中的な放射線治療や化学療法を行っているが、そのつらさにもかかわらず「たくさんのことに感謝する日々」を過ごしているという。ダグラスの喉頭がんは、第4段階まで進行していると診断されており、生存率は80%だと言われている。

また、同24日にアメリカで公開される「ウォール・ストリート」については、「素晴らしいオープニング・ナイトになるよう期待している」と話している。共演のシャイア・ラブーフに対しても「映画を引っぱっているのは彼だよ。私も以前はその役目を果たさなければならなかったし、責任の重さも知っている。シャイアは、すべてのシーンをリードして重責を果たしているんだ」と手放しで称えた。

(映画.com速報)

スポンサードリンク

 <  前の記事 Dr.中川のがんから死生をみつめる:/75 イレッサが効く仕組み  |  トップページ  |  次の記事 食道がん内視鏡手術、再生医療で適用広く 東京女子医大  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴