Top >  0がんを克服する人達 >  3-つかこうへい >  つかこうへい氏が肺がん告白…病院から舞台を指揮

スポンサードリンク

つかこうへい氏が肺がん告白…病院から舞台を指揮

つかこうへい氏が肺がん告白…病院から舞台を指揮

つかこうへい氏が肺がんで治療中とのことです。

お芝居が公開間まじかなので、抗がん剤の治療を病院で受けながら

稽古のビデオを見て指示を出していることを発表しました。

肺がん!

テレビの報道でもたばこを片手にしていましたから、ヘビースモーカーだったのでしょうか。

井上ひさしさんもヘビースモーカーの末、肺がんですから。

もっとたばこの害を一緒に報道すればいいと思うのですが!

抗がん剤の治療で治ってくれればいいのですが!

つかこうへい氏が肺がん告白…病院から舞台を指揮
<以下、記事の引用です>

つかこうへい氏が肺がん告白…病院から舞台を指揮
2010.1.25 13:28
このニュースのトピックス:ライフスタイル

つかこうへい氏(平成19年4月)

 劇作家のつかこうへい氏(61)が25日、肺がんを患っていることを明らかにした。報道各社にFAXを通じて発表した。現在、病院で抗がん剤の投与を受けている。

 FAXによると、つか氏は2月3日に新橋演舞場で初日を迎える黒木メイサ主演の舞台「飛竜伝2010」に向けて、稽古をしており「キャスティング等、全て決まった後の肺癌の告知でございましたので、まことに辛うございました」と報告。

 しかし、演出助手を通じて稽古の様子を撮影したビデオを病院で見て指示を与えており、「昨日今日で、ほぼ完璧なものができあがっております。どうぞお芝居をお楽しみくださいませ」と述べ、舞台は予定通り行う考えを示した。

スポンサードリンク

 <  前の記事 胃がんと咽喉がんの予防に効果を発揮するカプセルを開発、フィンランド  |  トップページ  |  次の記事 「特捜最前線」夏夕介さん胃がんで死去  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴