Top >  0がんを克服する人達 >  2-小沢征爾 >  小沢征爾、腰痛悪化で本格復帰は限定1曲

スポンサードリンク

小沢征爾、腰痛悪化で本格復帰は限定1曲

小沢征爾、腰痛悪化で本格復帰は限定1曲

小澤征爾さんの復帰が近づいていますね。

腰痛は筋力低下によるものらしいので、

筋トレで体調がよくなれば本格復帰となってくれるでしょう。

早く元気になってほしいものです。

小沢征爾、腰痛悪化で本格復帰は限定1曲

<以下、記事の引用です>

小沢征爾、腰痛悪化で本格復帰は限定1曲記事を印刷する日記を書く

 食道がん手術を経て9月5日からの「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」で本格復帰を目指した指揮者小沢征爾さん(74)が、腰痛の悪化などのため限定1曲の指揮に変更することが26日、発表された。

当初は2曲の指揮をする予定だったが、長期入院による筋力低下に伴い持病の腰痛が悪化し、主治医が「長時間の指揮は症状を悪化させる可能性が非常に高いため控えるべき」とアドバイス。

そのため、予定の演目は小沢氏が最も信頼する読売交響楽団の下野竜也氏が代わって指揮し、小沢氏は現在耐えうる時間内での演目1曲に変更した。

 [2010年8月27日6時9分 紙面から]

スポンサードリンク

 <  前の記事 Dr.中川のがんから死生をみつめる:/71 「赤くなる人」酒、控えめに  |  トップページ  |  次の記事 桑田佳祐FMレギュラー番組で近況、下ネタも絶好調  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴