Top >  0がんを克服する人達 >  2-小沢征爾 >  食道がん治療中 小澤征爾氏は海外公演降板

スポンサードリンク

食道がん治療中 小澤征爾氏は海外公演降板

食道がん治療中 小澤征爾氏は海外公演降板

小澤征爾氏(74)さんの復帰が少し遅れるようですね。

治療の方が順調ならいいのですが、少し心配になります。

復帰を目指してがんばってもらいたいですね。

食道がん治療中 小澤征爾氏は海外公演降板

<以下、記事の引用です>


食道がん治療中 小澤征爾氏は海外公演降板
 食道がんの治療を受けている指揮者の小澤征爾氏(74)が9日、自らが総監督を務める「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」(長野県松本市)で予定していた8月のオペラ公演や、秋の海外公演などを降板すると、所属事務所を通じて発表した。

 降板するのは、8月下旬上演予定のR・シュトラウスのオペラ「サロメ」(4公演)と、10月以降のウィーン・フィルとの欧州ツアーおよび日本公演。サイトウ・キネンのオーケストラ公演(9月)は予定通り指揮し、復帰を目指す。

 今年1月、6月までの休養を発表してから治療は順調に進んでいるが、体への負担を考えた結果という。小澤氏は「大変残念ですが、主治医の指示に従って万全を期したいと思います」とのコメントを出した。
[ 2010年04月10日

スポンサードリンク

 <  前の記事 ナブラチロワさんが乳がん告白「泣いた」  |  トップページ  |  次の記事 7歳時にやせていた女性ほど高い乳がんリスク、スウェーデン研究所  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴