Top >  0がんを克服する人達 >  2-小沢征爾 >  小沢征爾さん、食道がん治療で半年休養

スポンサードリンク

小沢征爾さん、食道がん治療で半年休養

小沢征爾さん、食道がん治療で半年休養

小沢征爾さんが食道がんの治療のために休養するとのことです。

早期の食道がんらしく、半年以内で復帰できる見通しのようです。

74歳という年齢もあるので無理をしないで治療に専念してほしいですね。

早期に復帰できるようお祈りいたします。

小沢征爾さん、食道がん治療で半年休養
<以下、記事の引用です>

小沢征爾さん、食道がん治療で半年休養
 世界的指揮者の小沢征爾さん(74)が食道がんの治療のため、今年6月までの国内外の指揮をキャンセルすることになり、7日、東京都内で記者会見した。

小沢さんは冒頭、「昨年末に受けた人間ドックで見つかった。いろいろな人に迷惑をかけて申し訳ない。何とか半年以内に戻ってきたい」と早期復帰に意欲を見せた。

 同席した聖路加国際病院の岡田正人医師によれば、小沢さんは早期の食道がん。粘膜表面の浅いところにあるもので、今後1週間ほどで検査を済ませ、手術するかどうかなど治療計画を決めるという。

 小沢さんにとって今年はウィーン国立歌劇場音楽監督としての最後の年。6月末には共に退任する同歌劇場総裁のフェアウェル・コンサートが予定されているが、「それまでには何とか治して指揮したい。

(指揮が)無理だとしても、客席には行くつもり」と話した。夏のサイトウ・キネン・フェスティバル松本では「予定通り指揮する」という。(20:05)

スポンサードリンク

 <  前の記事 食中毒菌でがん診断と治療  |  トップページ  |  次の記事 県民平均寿命:男性が79.38歳 女性は85.86歳--09年 /愛知  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴