Top >  0がんを克服する人達 >  4-ジョニー大倉 >  ジョニー大倉が死亡説一蹴「おれはまだ生きている」

スポンサードリンク

ジョニー大倉が死亡説一蹴「おれはまだ生きている」

ジョニー大倉が死亡説一蹴「おれはまだ生きている」

ジョニー大倉さんが死亡説を否定、元気にライブを再開しています。

肝臓がんと悪性リンパ腫を患ってしまったのですが、放射線治療で復活できたということです。

酒やたばこを控えてダイエットをして健康体を目指していますが、緑内障とストレス性心臓疾患の発作などにも悩まされているようです。

日頃の無茶な生き方を続けてきたつけが廻ってきているのかもしれませんね。

音楽関係者にはどうもがんになる人が多いと感じてしまいます。

病気になってから反省しても遅いのですが、がんばっていて欲しいものです。

ジョニー大倉が死亡説一蹴「おれはまだ生きている」
<以下、記事の引用です>


ジョニー大倉が死亡説一蹴「おれはまだ生きている」

プレスリーを思わせる衣装に身を包み、元気な姿を披露したジョニー大倉
 今年3月に悪性リンパ腫の除去治療を行った元ロックバンド「キャロル」のジョニー大倉(57)が12日、東京・渋谷クロコダイルでライブを行った。「レバーキャンサー(肝臓がん)、悪性リンパ腫だった」と病名を明かし、「キャロル」時代の大ヒット曲「ファンキー・モンキー・ベイビー」など30曲を熱唱。6月に一部で流れた「肝臓がんで死去した」という死亡説を引き合いに、「オレはまだ生きている」と力強くアピールした。

 ジョニーは初めて自分の口で、病気について語った。「血液検査でレバーキャンサー、悪性リンパ腫が見つかった。早期発見でよかった」と明かした。

 関係者によると、ジョニーは3月30日に放射線治療でリンパ腫を除去。経過は良好で、6か月間で何もなければ、転移はないと考えられるという。

 さらにジョニーは「忌野清志郎も死に…。僕も早死にしかけたが、ロックンロールの神様が救ってくれた」と神妙に話した。

 この日、大きな拍手に乗って登場したジョニーは、大好きなプレスリー・スタイル。胸元を大きく開けた黒い衣装。モッサリと生やしたもみあげが目をひいた。

 しかし、ストレス性心臓疾患による発作や、緑内障の悪化にも悩まされており、ステージでも楽譜を引き寄せ「緑内障で視野が狭くなっている」と、苦笑いするひと幕もあった。

 それでも、約130人の前で、「キャロル」の大ヒット曲「ファンキー・モンキー・ベイビー」など30曲を熱唱。赤い紙テープが舞う中、昨夜作ったばかりというオリジナルソング「トラブル」を披露。全編英語で、6月に一部で流れた死亡説をネタに「アイム・スティル・アライブ(オレはまだ生きている)」とアピールし、ファンをわかせた。

 今年に入ってからも名古屋や、東京・新宿のライブハウスなどで活動。酒やたばこを控え、昨年から始めたダイエットで体重を87キロから70キロまで落とした。「もっと元気になって素晴らしい歌を歌い続けます」と宣言したが、十分に元気そうだった。

 ◆ジョニー大倉(じょにー・おおくら)1951年9月3日、神奈川県生まれ。57歳。71年に矢沢永吉らとキャロルを結成し、ギターを担当。73年の「ファンキー・モンキー・ベイビー」が大ヒットした。75年の解散後は、ソロ活動とともに俳優にも挑戦。一方で、矢沢との確執が話題を呼んだ。03年には書き下ろしエッセー「キャロル 夜明け前」を出版。

【関連ニュース】
ジョニー大倉、悪性リンパ腫だった!
powered by Fresheye

(2009年7月13日06時03分 スポーツ報知)

スポンサードリンク

 <  前の記事 粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制…サルで実証  |  トップページ  |  次の記事 金総書記、膵臓がんか 韓国テレビ報道  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴